へんてこサーカス

  • 34人登録
  • 3.43評価
    • (2)
    • (6)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
  • ほるぷ出版 (2012年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593505418

へんてこサーカスの感想・レビュー・書評

  • よく考え抜かれて描かれた絵本だ。巻末の解説はいらないのに。こんなのをつけるから自由な発想が出来なくなる。

  • ピエロのパパドンとなかまたちの、へんてこサーカス、はじまりはじまり──。
    だまし絵を活かした(演出の一部と巻末の各ページ紹介を除く)文字のない絵本。殆ど知っているだまし絵トリックばかりだったので、個人的にそこまで楽しめず残念。初めてだまし絵を見る人なら楽しめるかも。ピエロの表情以外はあんまり日本人らしくない絵だな〜と思ったら、フランスで活躍なさっていた方なんですね。帰国後もフランス雑誌や絵本の仕事をなさっているらしいです。

  • 手触りとかいい感じ。

  • 2012年12月6日

    <LE CIRQUE DES ILLUSIONS>
      
    題字/フィリケえつこ
    日本語版装幀/オーノリュウスケ

  • へんてこサーカスがはじまるよ! 目がチカチカするようなひょうし、なんだかたまがぐるぐる回っているみたい。ページをめくっても、どこかがおかしい絵がつづきます。よーく見ると、そう、見れば見るほど自分がなにを見てるのかわからなくなっちゃう。ほんとにへんてこなサーカスです。だまし絵がだいすきな人にオススメ!
    印刷にも工夫がしてあって、白黒なのにとてもきれいな絵本です。

  • 目がまわる~。

    白と黒、二色だけなのにとても色彩豊かな感じがするのはスゴイな。

  • 騙し絵の絵本なので、読むというより見る絵本。お家でわいわい言いながら見ると楽しいかも。

  • エッシャーで安野光雅的なだまし絵絵本。
    巻末に解説が乗っていて、何をいいたい絵なのか分らなくても理解が得られるようになっている。

    部分的にツルツル加工がされている点が面白いかも。

  • ふしぎ絵だまし絵のサーカス。
    白黒イラストに、ニス塗り印刷加工がされていて、眺めるだけでなく、触ってなぞってみたくなる絵本。

全9件中 1 - 9件を表示

へんてこサーカスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

へんてこサーカスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

へんてこサーカスの作品紹介

平均台をわたる犬たち、いろんなものがかくれているロープ、ぜったい落ちない空飛ぶじゅうたん。よーく見ると…あらら?なんだかふしぎ。だまし絵がたのしい絵本です。

ツイートする