12種類の氷

  • 45人登録
  • 3.70評価
    • (5)
    • (6)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 11レビュー
制作 : バーバラ マクリントック  Ellen Bryan Obed  Barbara McClintock  福本 友美子 
  • ほるぷ出版 (2013年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (61ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593505555

12種類の氷の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さらさら、の透明な水も
    寒気に晒されると

    氷 になる。

    冷凍庫のなかで日夜繰り返されている
    『変化』にはもう見慣れているが、
    世界、という巨大冷凍庫のなかで
    凍ってゆく様子は
    やはりスケールが違う。

    科学者の目で
    変化の行方を追うような、
    作家の言葉で
    変化の様子を楽しむような、
    構成が面白かった。

    イラストも綺麗。

  • こんなスケートリンクって憧れるなあ。
    天然の氷!別世界だなあ。
    順を追って氷やスケートが進んでいく様がわくわくさせる。
    12番目がゆめの氷ってがいい。

  • 冬は氷とともにやってきて氷とともに去っていく
    子どもたちはバケツの氷を観察し、リンクを作り
    最後は夢のリンクで舞う

    作者は1944年生まれなので1950年代に子供だった頃の
    お話でしょうか、自分の家の庭(夏は菜園)にリンクを
    作るのは家族総出で大変そうでしたが冬の夜の田舎の庭での
    スケートは幻想的で素晴らしいですね、そんなリンクがあるなら
    滑ってみたいです、一回もスケートしたことないですけど(^ ^;;)

    畑、小川、大池、牧場でもスケートってできるんですね
    いやーすごいなぁ…

  • 冬の訪れから終わりまでを、氷を通して伝える。
    畑にスケートリンクを作り出せるなんて、どれほど寒い地域なのでしょうか。
    暮らすとなると大変そうですが、凍った湖や手製のスケートリンクでスケートを楽しむってあこがれです。
    冬の厳しさへの愚痴などは片鱗もうかがえず、スケートを楽しむ喜びがぎっしりと詰まっていました。
    何の気なしに手に取った本でしたが、すばらしい一冊でした。

  • バケツの中の薄い初氷、つぎの氷は分厚くて取りだせるけど、落とすと割れる。3番目の氷は割れない。それくらいの季節になると、畑の氷を探す。今度は小川の氷。スケートぐつをはいて小川をすべる。雪が降る前の急な寒さでこおりついた黒い氷。初雪が降る頃には菜園をリンクにする。板と雪と庭用のホースで何時間もかけて作る。リンクの氷。お父さんがリンクを水びたしにして作るのがかんぺきな氷。雪どけの陽気のあと、また寒さがやってくる。そうすると、牧場が氷になり、そこらじゅうがスケートリンクになる。2月も終わりになると、氷もとけてくる。とけてきた氷。そうするとざらざらとあらくなり、おしまいの氷になる。おしまいになっても眠っている間にゆめに氷が現れて、初氷を待つ。

  • 氷をとおして秋から冬へ、そして春と季節の経過を描いた絵本。
    こんな風に氷で楽しみながら冬を過ごすのはすてきだなっておもいました。

  • 庭にお手製のスケートリンクを作って・・・。
    冬の始まりから終わりまでを氷を通して描いたもの。
    スケートリンク、楽しそう♪

  • 冬。スケート。家族。

  • 氷がはる季節からとける季節までのお話。

    1初氷~まくがはったようにうすい氷
    2つぎの氷~もう少しあつみがある氷
    33番目の氷~ちょっとやそっとではわれない
    4畑の氷~畑がこおる
    5小川の氷~小川がこおる
    6黒い氷~雪が降る前の急な寒さでこおりついた水のこと
    7リンクの氷~雪がふってきたころにつくる
    8かんぺきな氷~おとうさんがせっせとはたあいたおかげ
    9牧場の氷~牧場が凍れば、世界中スケートリンク
    10とけてきた氷
    11おしまいの氷
    12ゆめの氷~ゆめの氷はとけることがない

    自然の氷を楽しんでいる様子が羨ましい。
    特に凍った小川をのぼっていく様子はすてき。

    うすい氷をわったり、しもばしらをふんづけて歩いたり、そういうことでこどもたちは破壊の欲求を満たすのだろうな。

    絵が素敵
    http://www.barbaramcclintockbooks.com/

  • 薄氷がはってからスケートリンクが凍り、また溶けていくまでの冬の移り変わり。

全11件中 1 - 10件を表示

12種類の氷を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

12種類の氷を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

12種類の氷を本棚に「積読」で登録しているひと

12種類の氷の作品紹介

秋がおわりに近づき、あるときバケツに最初の氷-さわるとわれてしまう、うすい氷-が見つかる。氷はだんだんあつくなり、本格的な冬のおとずれとともに畑がこおり、小川がこおり、やがて庭にスケートリンクができる。そうしたら、冬の青い空の下、きらきら光る氷の上で、わたしたちは思うぞんぶんスケートをすべる。季節の移り変わりとともに、12種類の氷が、わたしたちを楽しませてくれる-。繊細で美しいイラストで描く、冬を楽しむ小さなお話。小学校高学年〜大人まで。

ツイートする