いえでをしたくなったので (海外秀作絵本)

  • 126人登録
  • 4.02評価
    • (15)
    • (19)
    • (11)
    • (0)
    • (1)
  • 23レビュー
制作 : ドリス・バーン  松井るり子 
  • ほるぷ出版 (2014年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593505654

いえでをしたくなったので (海外秀作絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お気に入りの場所に家出しますがなかなかうまくいきません。いろいろとステキな家出先やそこでもトラブルの様子がみていて楽しいです。

  • 黒一色の絵で、4人兄弟が表情豊かに描かれています。
    イタズラを両親に叱られた子ども達は、家を飛び出し木の上や池、洞窟など色々な所で暮らしてみますが…。
    釣りしたり、宝探ししたり外遊びが本当に楽しそう!

  • 4きょうだいが、家出をしていろんな住み処へ行くけれど、いろいろあってあちこち住み替え、結局我が家に戻るお話。
    2色刷りのシンプルな画面、細い線できれいに描かれた絵、ちょっとトム・ソーヤを思わせる本気の“秘密基地”がとても魅力的な絵本。

  • ★★★★☆
    お父さん・お母さんのケンカで家にいるのがイヤになった兄弟姉妹がみんなで家出!
    木の上のおうち、小さな池の上に浮かべたいかだ、洞穴など、ステキな場所に次々に引っ越していきます。

    次はどうして引っ越すことになったと思う?
    子どもたちと想像しながら。

    繰り返しとお家が1番!の安心感がよい。

    セーターとマフラーが出てくるけど、夏の歌をうたうカエルや秋の落ち葉が出てきたり。
    春夏秋冬というわけでもなさそうだし、季節がちょいとチグハグな感じはしました。
    が、お話の楽しさには影響してないと思う。
    (まっきー)

  • タイトルに惹かれて読みました
    子供たちの可愛らしいお話でありながら、自分と重なる部分や心に響くものがありました
    大きくなってから読む絵本は一呼吸置ける存在だなと感じた作品でした

  • 978-4-593-50565-4 40p 2014・7・10 1刷

  • 2015.10.26

    色んな所に家出します。

  • [墨田区図書館]

    何となく、「かいじゅうたちのいるところ」などのように、家(現実)から逃避して、家に帰ってくる子供の空想のように書かれた本。ただ「家をつくる」とあったので、その顛末から息子には「さんびきのこぶた」のように感じたみたい。家がなくなるところで面白がっていた。

  • いえでがしたくなったので
    あちらこちらへ行くが、そこそこでいろんなことが起きて最後にはいえにもどってしまうお話。

    モノクロの絵で、韻を踏んだ文章。
    くまの姿が呑気そうでかわいい

  • 子どものころならだれしもが家が窮屈になって家出したくなることがあるだろう。お気に入りのあの場所からなぜ帰らなければならないの、なんて。でも結局一番居心地がいいのは自分の家なんだよね。かわいい絵本です。

全23件中 1 - 10件を表示

いえでをしたくなったので (海外秀作絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いえでをしたくなったので (海外秀作絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いえでをしたくなったので (海外秀作絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

いえでをしたくなったので (海外秀作絵本)の作品紹介

いえでをしたくなったのできょうだいみんなでにもつをつめてあのきのところにひっこしたあきにはあかときんになるきのうえのいえがすきだった…ふきとばされさえしなければ。1969年にアメリカで刊行された絵本。色をおさえたイラストから、あざやかで生き生きとした子どもたちの世界がうかびあがってきます。

ツイートする