にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たち

  • 20人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : なかがわちひろ 
  • ほるぷ出版 (2016年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593505852

にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★★★★★
    抽象画をわかりたいときや勉強する前に。
    絵からすてきな音が聞こえたら?音を聞いたら色が見えたら?
    ファンタジーのような伝記絵本
    (まっきー)

  • 2016年に出版された絵本の勉強のために、借りてよんだ。

    抽象画家の先駆者である、ワシリー・カンディンスキーの伝記絵本。
    「まじりあう色と色とが シューッと音をたてるのを 耳にした」

    よかったです。
    賑やかな絵、アメリカ版「ハリー・ポッター」シリーズの画家なんだ。
    はじめは絵が苦手だなぁと思ってみていたけれど、途中からほんとうにうまいと感心してよんでいた。
    画家の話だし迫力があってとてもいい、日本人には描けない絵だと思う。
    抽象画は「かたちのないもの」を絵にしているんですね。
    意味が分からないと美術館で素通りしていてすみませんでした。
    共感覚なんて天才的だからこそ、本人には伝える苦労もあったろう。
    ふつう、その色を持つ もの や こと の刷り込みが強いもの。
    文章はわかりやすいけれど、よむ人を選ぶ絵本かなぁ。
    小学生以上向き。

  • 自信がないというのは、つまり誰かと比べているのよね。
    今まで誰もやらなかったことをすれば、その比べる対象がないのだから、自信があるもないも、何にもないはずなんだけど、「周りと違う」ということだけで、「それは間違っている」という評価を下されてしまうことがある。そうなれば、当然、間違っているといわれた側は、自信が揺らいでしまうだろう。
    それを打ち破るにはものすごく勇気が必要になる。
    それでも、と実行できることが、本当の自信なのかもしれない。
    周りと違っていても構わない、自分を信じて進む。
    それが自信なのかもしれない。
    もしそれができたなら、とても幸せなのではないかと思う。

  • 抽象画を鑑賞するとき、新たな視点がもてるようになる。

  • 【読み聞かせ用】「まじりあう色と色とが シューッと音をたてるのを 耳にした」ワシリー・カンディンスキーは、色を見ると音が聞こえ、音を聴くと色がうかんだ。共感覚の持ち主だったかもしれない彼だからこそ、抽象画の世界を描けたのかもしれない。絵本の絵も素晴らしいと思うし、娘も絵を描くのは好きなのだが、この本にはあまり興味を示さなかった。

全5件中 1 - 5件を表示

バーブ・ローゼンストックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マック バーネッ...
ヨシタケ シンス...
アーサー・ビナー...
にしまき かやこ
室井滋
カレン・リン・ウ...
ジョン・クラッセ...
ヨシタケ シンス...
ヨシタケシンスケ
キャロル・オーテ...
エルヴェ・テュレ
かがくい ひろし
ポール・フライシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たちはこんな本です

にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たちを本棚に登録しているひと

にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たちを本棚に「読みたい」で登録しているひと

にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たちの作品紹介

抽象画の父・カンディンスキー(ワーシャ)の伝記絵本。
ロシアのお金持ちの家に生まれ、法律学者として働いていたワーシャは、1枚の絵とオペラをきっかけに30歳目前で画家を目指します。まわりに反対されても自分を信じ、これまで見たことがない絵を追い続けた画家の半生を描いた作品。 
コルデコット賞オナー作品*総ルビ

ツイートする