驚異の人体

  • 18人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : デビット・マコーレイ  堤理華 
  • ほるぷ出版 (2009年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593533480

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

驚異の人体の感想・レビュー・書評

  • 訳が洗練されてなくって、わかりづらい。
    科学的な説明に「幸せな状態」とか感覚的な言葉を使った説明やめてほしい。もっと他に訳しようがあるだろう。
    前後のつながりもわかりづらくて、構成も悪い。
    絵は力作なのはわかるけど、科学の本の絵としては魅力がいまいち感じられません。
    しかも8000円って!!

全2件中 1 - 2件を表示

驚異の人体の作品紹介

コルデコット賞受賞者デビッド・マコーレイの興味は、今回、これまで関心をよせていた「物」が動くしくみから、「わたしたち」が動くしくみへと移っています。独特のものの見方や、ピリッとしたユーモアをきかせつつ、マコーレイは人体の基本的な働きをたどる豪華な絵の世界へと読者をいざないます。全体を大きく7つに分け、わたしたちの「もと」となる細胞から、その細胞が構築している個別の体系まで、読者を案内していきます。

驚異の人体はこんな本です

ツイートする