世界がまだ若かったころ

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (2)
  • 4レビュー
制作 : ロートラウト・ズザンネ ベルナー  J¨urg Schubiger  Rotraut Susanne Berner  松島 富美代 
  • ほるぷ出版 (2001年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593533787

世界がまだ若かったころの感想・レビュー・書評

  •  正直…意味が分かんなかった…。
     出だしはおもしろいなぁ、と思った話も、最終的にオチがなくて、結局何だったのか分からないまま…みたいな。

  • 世界がまだ若かったころの話、コントラバスを弾く小さな巨人の話、地獄にもどりたくて馬鹿を集める小悪魔の話、幸せはどうやって見つけるかという話…日常とファンタジーのあいだのドアを開き、子どもから大人まで繰り返し楽しめる、シンプルで、不思議、そして奇妙な味をもった掌篇集。ドイツ児童文学賞、スイス児童文学賞、オランダ銀の鉛筆賞受賞作。


    いかにも外国っぽいお話だなぁ、と思うかな

    ちょっと読みにくかった

  • えり*「女の子と天使」と「ライオンの咆哮」が大好きです。

全4件中 1 - 4件を表示

世界がまだ若かったころはこんな本です

ツイートする