ケルト神話 黄金の騎士フィン・マックール

  • 55人登録
  • 3.23評価
    • (2)
    • (3)
    • (20)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : Rosemary Sutcliff  金原 瑞人  久慈 美貴 
  • ほるぷ出版 (2003年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593533831

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ローズマリ・サト...
O.R・メリング
梨木 香歩
上橋 菜穂子
O.R・メリング
O.R.メリング
上橋 菜穂子
ローズマリー サ...
ローズマリ サト...
コルネーリア フ...
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

ケルト神話 黄金の騎士フィン・マックールの感想・レビュー・書評

  • おそらく、マイナーな分野の
    本に入ると思うのですが
    なかなか、面白かったです
    登場人物のキャラが、はっきりしていて
    活躍していくのが、楽しいです

    ゲームで、勇者ものに親しんでいるのなら、
    きっとこの展開にはまるのは?
    妖精が出てきたりしますが
    ファンタジー色は、強くないです
    人間に近いです

    短編が連なる物語で
    壮大な展開ではないですが
    それぞれが、つながっていくので
    ひとつの物語を読んだ印象でした

  • へー。

    て感じ笑

  • ケルト神話のフェニアン・サイクル、フィンとフィオナ騎士団の物語を再話し児童書に仕立てた本です。
    フィンの生まれから最期までを物語仕立てで読める、数少ない本になります。物語として読みやすく、ケルト的な世界を存分に味わえます。少し人物名で混乱するかもしれません。
    また、この本にフィオナに纏わる全てのエピソードが載っているわけではないことに注意が必要です。
    飽くまで再話の一種、児童書の一種であることを念頭に置いて、読むべきです。
    この本をこれから読む人の中には、クー・フーリンの物語を読んだ方がいらっしゃるかと思います。クー・フーリンの物語がまさに超人的で英雄的な戦士の物語であるならば、このフィンやフィオナ騎士団の物語は人間的な妖精物語であると言えるでしょう。

  • 今のアイルランドがエリンと呼ばれていた頃のフィアンナ騎士団の団長、フィン・マックールの物語。

    自分の父を殺した敵(かたき)を許し自身の部下としたり、敵の生き残った子供に情けをかけて我が子のように育てたりする一方、自分の花嫁を奪ったディアミッドはとことん許さず最後はだまし討ちのように殺したりという矛盾に満ちたところが人間くさいと言えばそうなのだろうか。

  • 同じ作者の「炎の戦士 クーフリン」から読みました。最期まで美しく、何より誇りを大切にしたクーフリンとは違い、フィン・マックールは普通の人間、というのが第一印象。特に、若い男女に嫉妬する往年の彼は、誰もを否応なく惹き付ける英雄ではないと思います。
    だからこそ、フィアンナ騎士団の面々の絆がはっきりと見えるのでしょう。強くたくましく、でもどこかおかしくて憎めない彼らが、楽しそうに森や野原を駆け抜けていくのが目に浮かびます。

    最後に。グラーニアは酷い、ほんとうにひどい。嫌な女です。ディアミッドが可哀想です。

  • 昨日読了した「炎の戦士 クーフリン」が英雄叙事詩的な物語だとすると、こちらは炉辺の民話風。  読み進めている間、KiKi は「フィン・マックール」のお話を読んでいるのか、「アーサー王と円卓の騎士」のお話を読んでいるのか、混乱してしまうことがありました。  どのエピソードも、フィンとフィアンナ騎士団の戦士たちのヒロイックな騎士道精神が主軸にあって、フィン自身の活躍・・・・と言うよりは、彼が統率する騎士団の面々の物語っていう感じなところも、アーサー王の物語とそっくりです。

    一般的にフィン・マックールの物語で著名なエピソードと言えば

    •若かりし頃のフィンが、ターラの王宮に現れる妖怪を退治して、フィアンナ騎士団のチーフの座(これは元々彼の父親が占めていた座)をかちとったというお話。
    •フィンの最愛の妻がドルイド(?)の杖の一振りで牝鹿になって消えてしまったというお話。
    •フィンの息子オシーンが、妖精の娘に誘われて、海の向こうの常若国「ティル・ナ・ノグ」に行ってしまうお話。  
    •その話の後日譚である、人間世界にちょっと里帰り・・・・のつもりのオシーンが、妖精世界とは異なる時間の流れで一挙に老人になってしまう(← って浦島太郎みたい 苦笑) & 妖精世界に戻れなくなってしまうというお話。
    •フィンの後妻となるはずだったグラーニアが、彼の腹心の部下・ディアミッドと駆け落ちしてしまい、結果的に彼はもっとも信頼すべき部下を失ってしまう(& ディアミッドを慕う孫との関係もちょっとハチャメチャ)というお話。
    の5つだと思うんだけど、これらは当然含まれていて、ついでにそれ以外のあれやこれやのフィン & フィアンナ騎士団のお話を寄せ集めた纏めた1冊っていう感じでしょうか。  そこそこ楽しめるお話のオンパレードで、サトクリフならではの美しい描写に心惹かれるものはあるものの、KiKi の読後感としてはワクワク感に欠けるなぁ・・・・・と。  どことなく素っ気無いと言いましょうか、あっさりしすぎていると言いましょうか、気高さに欠けるとでも言いましょうか・・・・。

    (全文はブログにて)

  • むかし、アイルランドはエリンと呼ばれ、五つの王国にわかれていた。小王国のあいだの争いや血の復讐を治め、またエリンを侵略者から守るために、フィアンナ騎士団はあった。英雄フィン・マックールは、その騎士団長だった…。人間と妖精がいりまじって紡ぎあげられた、フィンの冒険物語は、ケルト神話の代表的な英雄物語として古くから語りつがれてきた。

全7件中 1 - 7件を表示

ケルト神話 黄金の騎士フィン・マックールを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ケルト神話 黄金の騎士フィン・マックールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ケルト神話 黄金の騎士フィン・マックールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ケルト神話 黄金の騎士フィン・マックールを本棚に「積読」で登録しているひと

ケルト神話 黄金の騎士フィン・マックールの作品紹介

むかし、アイルランドはエリンと呼ばれ、五つの王国にわかれていた。小王国のあいだの争いや血の復讐を治め、またエリンを侵略者から守るために、フィアンナ騎士団はあった。英雄フィン・マックールは、その騎士団長だった…。人間と妖精がいりまじって紡ぎあげられた、フィンの冒険物語は、ケルト神話の代表的な英雄物語として古くから語りつがれてきた。鮮やかに、力強く、ときにユーモラスに、カーネギー賞作家サトクリフによって語りなおされた、ケルト神話英雄譚。

ツイートする