パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈2〉魔海の冒険

  • 220人登録
  • 3.91評価
    • (25)
    • (38)
    • (24)
    • (3)
    • (1)
  • 28レビュー
制作 : Rick Riordan  金原 瑞人  小林 みき 
  • ほるぷ出版 (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593533879

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有川 浩
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈2〉魔海の冒険の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  あたかも米TVドラマ Season1の終りのようなラスト!
     これでは続きを読みたくなること必至!

  • 読了。
    映画を観終えたばかりで、それと重ね合わせながら読んでみたけどやっぱ映画では語られていない所がいろいろあって楽しめた。

    知らない神話や神話のキャラもたくさん出てくるので、まだまだギリシャ神話を知りたいと思う。

    タイソンすぐ戻ってくるかなー。大活躍で正直パーシーより目立ってたしね。

    もう1人のハーフの復活で続きが楽しみになってきた。
    (160805)

  • 海へ~パーシーはサテュロスのグローバーがフロリダで怪物に追い回れている夢を見た翌日、学校最後の日、いじめっ子に挑発され、ドッジボールの試合で現れた怪物の放つ青銅の玉に殺されそうなところをアナベスに救われ、ホームレスのいじめられっ子の大男タイソンが一つ目巨人キュクロプスであることが分かり、ハーフ訓練所は、タレイアの松に毒が撒かれ、結界に綻びが生じている。ケイロン教頭は責任をとらされ、冥界の処罰の野に立たされていたタンタロス波線写経宗復活を宣言、競走中に怪鳥ステュムバーロスに襲われたのは、ケイロンが残したCDを大音量で流して撃退した。ハーフのキャンプを元に戻すには、金の羊毛が必要だと訴えたが、タンタロスが冒険行きに指名したのはクラリスだった。失望したパーシーの前に現れたエルメスは、水筒とサプリ入りの小瓶を渡し、無許可で出掛けろけしかけ、海馬に乗ってプリンセス・アンドロメダにん乗り込んだが、ポリュペモスの島へ行こうとするが、エルメスの息子でクロノスに味方するルークも乗っていた。隙をついて救命ボートを奪って3人は逃げたが、ルークに態と逃がされたかも知れないと思い始めたが、拾い上げたのは父アレスから南北戦争当時の南軍のバーミンガム号を骸骨兵と操るクラリサであった。カリュブディスを強引に突破しようとして失敗し、スキュラに乗組員をさらわれている内に爆発したバーミンガム号から逃げたパーシーとアナベスはキルケのスパ&リゾートでモルモットに変えられ、アナベスがエルメスから貰った錠剤で辛うじて助かり、アレスの息子の一人黒髭が元に戻って大暴れしている隙に帆船を奪った。セイレンの歌の危険を承知しながら誘惑に負けたアナベスを海の力を使って連れ戻したパーシーは、アナベルから自分の欠点は傲慢さで、ルークのように世界を破壊し尽くして新しい世界を作ろうというのは傲慢で誤っていると告白される。帆船で辿り着いたポリュペモスの島は半分が肉食の羊、半分が草食の島だった。金の羊毛は肉食羊の島にあり簡単には近づけない。小屋のある草食羊の島には救命ボートが着いていてクラリスは煮え立つ鍋の上で吊されている。花嫁姿のグローバーを見て、花嫁にしようとしているのがサテュロスなのを笑っている。クローバーは生で喰わずに網焼きにしろと提案すると、サテュロスを御馳走にクラリサと結婚すると云っている。アナベスは透明人間に恨みを抱いているのを利用し、透明キャップで挑発している隙に二人を救出する作戦を立てるが、アナベルは捕らえられてしまう。窮地を救ったのは、海馬で脱出したタイソンだった。金の羊毛も手に入れた一行は、マイアミに上陸し、金の羊毛と共にエルメスから預かったなけなしの金をクラリスに渡してニューヨークに飛び出させた。クラリサが去って帰る方法を一行の前に現れたルークは豪華クルーザーに場所を移して尋問を始めたが、クラリサを追おうとしたルークを引き留めたのはパーシーの挑発だった。しかし剣の腕はルークが数段上、逃げる作戦を思いつく前に飛び出してきたのはケイロン率いるケンタウロスたちだった。クロノスとの戦いでケイロンが疑われたのは、クロノスの息子であるからだった。ケイロンが復帰したハーフ訓練キャンプで再開された二輪戦車競走はタイソンの技術で勝利したが、タイソンは父ポセイドンに呼ばれて研修のためキャンプを離れた。金の羊毛のお陰で平穏を取り戻したが、効き過ぎて松になったゼウスの子タイレアが人の身体を取り戻した。ビッグスリーの子の一人が16歳になる時、という予言の幅が広がったのだ~英雄とは、神と人のあいのこ(合いの子って差別用語らしい)の事

  • 前巻に引き続き、とにかく面白い! 冒頭からのまさかの展開、そして新たな仲間たち! 考えさせられる、というよりはとにかくそのテンポよく進んでいくストーリーを単純に楽しむ、というのが一番のこの作品。 あまりに、こだわりすぎるとそのわくわくが半減してしまうので厳禁。 童心にかえって夢中になってページをめくってほしい。 ギリシャ神話を、身近に、気軽に楽しむことができる 最高のエンターテイメントと言っても過言ではないだろう。

  • 1巻から一年後のお話。今回もアナベス、グローバーとの冒険かと思ったらグローバーはパンを探しに旅に出てるし。。。と思ったら新たな仲間、キュクロプスのタイソンが登場する。とっても弱気だけど心優しいタイソンがまたかわいくて!キュクロプスって、神話だと怖いイメージだけどタイソンはかわいいなぁ!それもこれもタイソンに優しくしたパーシーのおかげだね!パーシーってすごいいいやつで優しいのになんでみんなにすごく好かれてるわけではないの?あんな子がクラスメイトだったら最高だと思うけどな。
    今回はラストのラストでまさかのタレイア復活で益々続きが気になる終わり方!!

  • 展開はほぼ想定内。でも、ラスト、こう来たか。

  • タンタロス、すごいワル…
    後、バーミンガム号がすごく印象的。

  • 次がどうなるのか気になる終わり方。

  • シリーズも2冊目になると読んでる方も慣れてきて、登場人物に親しみが湧いてくる。

    ハリー・ポッターのアメリカ版なんだけど、いかにもアメリカですね。

    これも既に映画化されてるし、見たくなったなあ~
    予告編見ると、結構いい感じに映像化されてるように見える。
    テレビでやらねえかなあ・・・

  • 2巻も面白かった。
    ただ、異母兄弟とか予言とか、なかなか現代と神話時代とを上手く繋げて書いていくのが大変そうだなーと感じた。
    2巻はヘルメスが神様でありながら人間味のある父親としても描かれていて、個人的には印象に残った。
    しかしラスト!
    すごいとこで切ったなあ(^_^;)
    次も読む!!

全28件中 1 - 10件を表示

リック・リオーダンの作品一覧

リック・リオーダンの作品ランキング・新刊情報

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈2〉魔海の冒険を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈2〉魔海の冒険を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈2〉魔海の冒険を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする