H.I.V.E.(ハイブ)―悪のエリート養成機関〈volume3〉ルネッサンス・イニシアチブ

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Mark Walden  三辺 律子 
  • ほるぷ出版 (2011年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593534630

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

H.I.V.E.(ハイブ)―悪のエリート養成機関〈volume3〉ルネッサンス・イニシアチブの感想・レビュー・書評

  • いよいよナンバーワンの正体がわかる。オットーにとって衝撃の事実が知らされるが、HIVEマインドの助けを借りてオットーは自分を取り戻す。HIVEマインドの最後の言葉
    オットー、覚えていますかあなたは強くなれる、自分の思う通りになれるんです。は心に残る。映像が浮かびやすい表現。作者かゲームクリエイターだったと聞き納得。

全1件中 1 - 1件を表示

H.I.V.E.(ハイブ)―悪のエリート養成機関〈volume3〉ルネッサンス・イニシアチブを本棚に登録しているひと

H.I.V.E.(ハイブ)―悪のエリート養成機関〈volume3〉ルネッサンス・イニシアチブを本棚に「読みたい」で登録しているひと

H.I.V.E.(ハイブ)―悪のエリート養成機関〈volume3〉ルネッサンス・イニシアチブの作品紹介

「第一級の悪人になれ」。南海の孤島にある極秘の悪人養成機関"H.I.V.E."。そこでは、世界中からあつめた子どもたちを邪悪で悪賢い裏の世界の支配者-悪のエリートに育てていた。その最高責任者、ネロ博士が何者かに誘拐され、HIVEは屈強な兵士たちに占拠された。ネロはなぜ、誰に誘拐されたのか?オットーたちは、ネロとHIVEを救うことができるのか…!?手に汗にぎる、ノンストップ・SFアクション。いま、すべての秘密が明らかになる-。

ツイートする