ワンダー Wonder

  • 881人登録
  • 4.31評価
    • (137)
    • (103)
    • (33)
    • (5)
    • (2)
  • 154レビュー
制作 : 中井はるの 
  • ほるぷ出版 (2015年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593534951

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ワンダー Wonderの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み終えた。
    肥満児であった自分としては、身体的なことで
    揶揄される気持ちは共感できたように思う。

    自分は自分であるしか無い。
    自分が自分であるという覚悟をもつことは賛辞に値する。
    自分の持っている、人を敬う心、親切心、強さで
    生きていく。そのことが、人の心を揺さぶり良い影響を
    与えることができるのだ。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    家族の愛情や友人が居るという心強さが
    人間の強さを支えているんだなと知れる。

    コミュニティの中に必ず意地悪する人がいること、
    黙っているけど本当は仲良くしたいと思っている
    人がいること、よく書かれているような話だけれども
    面白い。

    なぜ面白いかというと、主人公のオーガスト、
    その他、彼を取り巻く人達がそれぞれ語り手となり
    その場面や出来事についての思いを章を分けて
    読みやすく書いてあるから。

    それぞれが語り手となることで、同じ場面でも
    その人とそれを受け取る人では全く違う解釈を
    しているということを、詳しく知ることができる。

    読み手にはそれを俯瞰してみると同時に
    自分だったらどうだったかと、色んな人の語りを
    見ながら思いを巡らせることができる。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 小学生高学年の課題図書だそうで、なるほど。

    オギーは普通の10歳の少年。顔以外は・・・
    彼が家族の元で過ごした10年間から、学校という社会に飛び出す。

    不安と怒りと喜びと
    それは彼と回りに人を年齢性別に関わらず
    巻き込んで変えていく。

    でも、一番変わったのはオギー自身だったかもしれない。

    主人公のオギーだけでなく、
    家族や友達の視点からの話があったのがよかったな。
    姉のヴィアの気持ちが辛かった。

    複雑な思いを持つ人間関係は
    他にもあるのだろうけれど

    『いつも、必要だと思うより、少しだけ余分に人に親切にしてみよう』

    というのは、いいかもね。難しいけれどね。

    もしも、お子様が読んでいたら
    是非、親御さんも読んでみて!と言いたいね。

    本を読まない人に限って
    子どもの本なんて!っていうんだもの、勿体ないよ。

  • とてもいい評判だったのでずっと気になっていた作品。
    確かにとてもいい話なのだけど、期待していたほどの感動はありませんでした。
    ストーリーは王道で、ハンディをもつオーガストをめぐる成長物語。姉のオリヴィアや友人のジャックが自分の人生において親友や家族と向き合うシーンはとても良かったです。
    良かったのだけど、なんで面白かった!と言い切れないのだろう。

    オーガストの家族も、もっと悩んだり嫌な思いをしたはずなのに、いいことばかり書かれているからかな。それともみんなオーガストにあっさり理解を示しすぎだから?
    たぶん、いちばんもやっとしたのが、ラストオーガストが勇気を讃えられてビーチャー賞をもらったシーン。ただ1年を過ごしただけで勇気を讃えられる。ふつうではないということだけで勇気を讃えられる。きっとオーガストより勇気を讃えらるべき子どもがいても、大人は彼に与えたがるだろう。それって結局はオーガストを他の子どもたちと同じ土俵で見ていないということではないのだろうか。
    人は平等ではないけど、それでも生きていかなきゃいけないし、平等ではない中で、何かを見つけなければならない。
    ふつうに憧れるオーガストはどこに行っちゃったんだろう。ふつうの姉、ふつうの友達、ふつうの自分、曖昧なふつうになりたくて、でもなれない、ふつうってなんだかわからない。そういう葛藤がもう少し描かれてほしかった。
    個人的に、いかにも課題図書になりそうな病気とたたかう英雄譚や、優しいばかりの話が苦手なので好きになれないのかも。
    大人たちは、子どもにこれを読ませて、どういう感想を書いて欲しいんだろう。

  • 児童書のカテゴリーに入れてしまい、大人が読まないのはもったいない一冊。
    出版当初から評判が良かったが、納得。
    人間の可能性に期待出来る、読んだ人が皆、自分ももう少しこうしよう!と、未来を照らすような本でした。
    2016年読書感想文課題図書小学校高学年の部

  • 中学生向けぐらいかな。ハリー・ポッターの1冊目ぐらいの分量だし、文字の大きさも同じぐらい。
    お父さんとお母さんのターンもあってよかったのではないかと思う。そうすればオトナももっと読める内容になったんじゃないかと。
    教訓ばかりで実際のティーンの人たちがそのまま受け取るのかなと疑問。とにかく主人公のまわりの人たちからの目線をもっと入れないとだな。

  • この一冊に出会えたことに感謝。
    私は一人の書店員として、2人の子どもを持つ母親として、そしてこの世に生きる一人の人間として、全身でこの本を支持します。
    オギーの過ごした10歳の一年間で、彼の家族、先生、友だち、そして彼自身が得たものの大きさは、多分何物にも代えがたいもので。そしてこの物語を読むすべての人も同じ大きな宝物を得られるという幸せをかみしめる。
    生まれもっての障がいと折り合いを付けながら生きていくことの困難さ。とくに、顔に障がいを持つことがどれほどの差別やいじめを生むか、想像に難くない。どれほど家族が愛してくれたとしても、一生家の中でだけ生きていくことはできないわけで。だからオギーの両親も彼を中学校へ行かせることに決めたのだけど。その選択と、そして選んだ学校の校長の素晴らしさが生んだ奇跡。
    自分ならどうするか。ずっとそう自問しながら読んでいた。障がいを持つ子の両親なら、姉なら、友だちなら、そしてオギー自身なら…私ならどうしただろう。それぞれが語る章を読むとよくわかる。誰もが驚き、困惑し、悩み、もがき、苦しみ、そしてその中で一つの光に向かって進んでいく。その光の元にあるのは「勇気」。一人の少年と、彼の周りにいる心優しい人たちによって照らされた「勇気」という道をこの世に生きる全ての人が歩んで行けたとしたら。きっと今よりもずっと優しい世界になる。
    彼は奇跡である。だけどこの奇跡が「あたりまえ」のことになったとき、世界は愛と平和に満ち溢れたものになるのだろう。そんな日が来るまで私はこの物語を一冊ずつ手渡していくだろう。

  • 普通の子じゃなくっても、普通でもよいと思った。

  • 偏見や差別に鈍感でなくあろう。偏見や差別の周辺にも苦しむ人がいることを忘れまい。偏見や差別に身を任せてしまう人の気の毒な境遇にも想いを馳せ、哀れみを忘れまい。そして偏見や差別に巻き込まれずにあれるのは、ただ幸運に恵まれているだけなことに感謝を忘れまい。

  • 人の内面をきちんと見られる人でありたいと思う。

  • 愛とユーモアがあれば、どんな困難も乗り越えて幸せになれる。それを説得力もって表現してくれた物語だった。
    同じことも登場人物ごとの視点で描かれているので、リアリティがあったし、ああ、誤解って、こう生まれてくるんだなあとコミュニケーションの参考にもなった。
    最後の受賞は、私は、彼に直接関わって成長した友人達にもあげてほしかったな。

全154件中 1 - 10件を表示

ワンダー Wonderに関連するまとめ

ワンダー Wonderを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ワンダー Wonderを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワンダー Wonderの作品紹介

「いじめ」を題材にした児童向けの小説ですが、本書はその枠におさまらず、多くの人を魅了して米国ではNYタイムズベストセラー第1位になりました。今回、全国の書店員さんなどたくさんの方に原稿を読んでいただきましたが、みなさんから「感動した」「私の中で何かが変わった」など、熱い感想をいただいています。物語は主人公のオーガストだけではなく、同級生や姉など多数の視点から、それぞれの立場、それぞれの感じ方がリアリティを持って語られています。読者はその中の誰かに共感し、誰かの想いを感じ取り、自分の中の何かを変えていきます。そういう力を持った本です。アメリカでは口コミで広がっていったというのもうなずける、言葉と物語の力を感じる傑作です。担当編集社として、この本を売りたいというよりも、一人でも多くの人に読んでもらえたら編集者冥利に尽きると考えて編集をしてきました。会社としても大変力を入れている1冊です。全世界300万部の感動作、ついに刊行!

ツイートする