俊寛 絵巻平家物語 (3)

  • 11人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 木下順二
  • ほるぷ出版 (1985年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593542031

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

俊寛 絵巻平家物語 (3)の感想・レビュー・書評

  • 子どもと図書館に行った際、ふと目に止まった「絵巻 平家物語」です。なんと1984年刊行。
    視聴率で色々言われつつも頑張ってる大河ドラマ「清盛」の絵本版です。

    3巻は「俊寛」(しゅんかん)という僧侶の話でした。
    関係ないけど、「しゅんかん」が漢字変換ですぐに出たのは驚きです。

     京都の鹿の谷(ししのたに)にて、平家打倒の密談が行われ、その時、成親、西光、後白河法皇ととも「反平家」の企みに乗り、バレて鹿児島県の「鬼界が島」に流された話。
    およそ僧侶とは結びつかない、信仰心の無い僧だったようです。

     悲しくもあり、強くもあり、何としても生き延びようとする逞しさのようなものを感じます。この巻は「因果応報」の物語。

  • 九州地方などを舞台とした作品です。

全2件中 1 - 2件を表示

俊寛 絵巻平家物語 (3)はこんな本です

ツイートする