えんにち奇想天外 (声にだすことばえほん)

  • 95人登録
  • 3.58評価
    • (10)
    • (10)
    • (19)
    • (3)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 斎藤孝
  • ほるぷ出版 (2004年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593560462

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
酒井 駒子
A.トルストイ
中川 ひろたか
モーリス・センダ...
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

えんにち奇想天外 (声にだすことばえほん)の感想・レビュー・書評

  • ニャンコかわええ

    四字熟語が普通に会話にポンポン出るのは、たしかにかっこいいよな~~。

  • 四字熟語を多用しているが、やや無理があるか。
    4才の娘には難しかった。
    小学生向けか?それにしては、絵は幼児むけです。

  • 声に出して読む絵本。四字熟語の巻。巻末に解説あり。

  • お祭りに行ったおじいちゃんとお兄ちゃんと妹。
    意気投合して屋台をまわる。たくさんのお面の前に、取捨選択をせまられ、どれにしようか優柔不断に迷う妹。射撃で見事、自画自賛のお兄ちゃん。金魚すくいでは、たくさんの金魚を一網打尽のおじいちゃん。伝人未踏の大記録。
    ・・・
    ・・・
    四字熟語を、ユーモアたっぷりのイラストともに楽しめる絵本。

  • おじいちゃんと子供たちが縁日に行って、その途中途中の台詞として四字熟語が出てくる。

    四字熟語はここぞというときに言うのはいいけれど、多様すると堅苦しい。
    作者は最近では話言葉に二字熟語すら登場しなく、使えない人が増えていると言っているけれど、話言葉はそんなに熟語は使わなくてもいいと思う。
    熟語を崩して文章にする力も必要だと思う。

  • イラストがおもしろくて借りたけど4才には難しかったな。四字熟語の絵本。

  • もう少し大人になってから読んであげたい絵本。
    でも何度も読んでと言う息子。

  •  このコンビ第2弾。第1弾はご存じ「おっと合点承知の助」です。
     「短い中にも意味がぎゅっと詰まっている。一言言っただけで、だらだらと言わなくてもしっかり意味がつたわる。四字熟語は、会話の決め球なのだ」とは「にほんごであそぼ」監修の斎藤孝氏のことば。
     その四字熟語が、つちだのぶこさんの愛おしいイラストを舞台に登場!
     第1弾の忍者もあいかわらず登場しているし、二人のおじいちゃんも味があるし。そして何よりも縁日の雑多な様子が本当に細かいところまで描かれています。親子でどうぞ。

  • 四字熟語のオンパレード。確かに、四字熟語の意味を知りながら覚えられるけれど、ゴロがよいわけではなく、リズムが良いわけでもなく。

  • 四字熟語がいっぱいでてくるので、意味がわからなくても、声に出して読むといい。

  • 声に出す言葉絵本
    四文字熟語を織り込んだ縁日での
    お爺ちゃんと孫の会話と行動のお話です。
    シリーズものなのですが、今回は簡単過ぎたかな?
    縁日と熟語がイマイチしっくり来なかったです。
    とはいえ、小学校1年生の息子には
    まだまだ慣れない四文字熟語、
    聞かせるだけで楽しそうに言ってました。

  • 縁日へおじいちゃん・孫二人・猫で出かけて、四字熟語を連発しながら露店を楽しんでいく物語。3歳になった頃に買ってもらって、お気に入りではありました。でも、もうすぐ4歳になる最近になって変化が。「一網打尽じゃ」とか「優柔不断だなー」など本の中のセリフを言うようになりました。つちだのぶこさんの絵は楽しいですし、前ページのどこかに隠れている忍者を探すのも楽しいですよ。ニンニン。

  • 会話の中に四字熟語が出てくる。<BR clear=all>
    カラフルな絵柄も綺麗。。<BR clear=all>
    奇想天外なオチもおかしかった。

  • 子供は難しめの四文字熟語も意外と喜んで覚えます。”言語道断”を覚えた後、漢字の読み方テストで「言語」を「ごんご」と書いてしまいましたが。

  • 「おっと合点承知之助」と同じシリーズだったので買いましたが、正直四字熟語なんて長男はまだしも次男には早すぎて楽しめないかも、と最初は思いました。ところがとんでもない、あっという間に本に出てくる四字熟語は次男でもすぐ覚えてしまいました。それぐらい、年少ぐらいの子でも十分に引き込まれて行ける内容です。もちろん小学生の長男も大のお気に入りです。縁日のいろいろな出店がそれぞれ魅力的でとても楽しそうなのです。

  • 四字熟語に興味ありなヒナはとっても興味津々。えんにちにまつわるおもしろ熟語たっぷり。おもわず笑っちゃう。

  • 「えんにち」を題材に、四字熟語をいたる所にちりばめた面白い絵本です。

    縁日に出かけたおじいちゃんと子どもたちが、四字熟語の会話を繰り広げるのですが、
    ラムネを飲んだ子供が「五臓六腑にしみるねー」なんて言ったりして、びっくり。
    大人にとっては、何とも面白い感じがしますよね。
    賑やかで楽しい縁日の様子がよく伝わってくる絵も、面白味があっていい感じ。
    巻末に、絵本で使用された四字熟語の解説が載っているのも嬉しいところ。

    お話を楽しみながら、四字熟語も一緒に楽しめ、覚えられるという絵本。
    ぜひ、ご家族で楽しんでください。

  • 楽しい絵と一緒に四字熟語が学べます。大人も楽しめます。

全19件中 1 - 19件を表示

えんにち奇想天外 (声にだすことばえほん)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

えんにち奇想天外 (声にだすことばえほん)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

えんにち奇想天外 (声にだすことばえほん)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする