知らざあ言って聞かせやしょう (声にだすことばえほん)

  • 83人登録
  • 3.76評価
    • (7)
    • (11)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 河竹黙阿弥
制作 : 飯野 和好  斎藤 孝 
  • ほるぷ出版 (2004年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593560479

知らざあ言って聞かせやしょう (声にだすことばえほん)の感想・レビュー・書評

  • 読後の爽快感がたまらない一冊。
    白波(つまり盗人)が開き直ってエラそうに喋っているのだから爽快どころではないのだが、
    飯野さんの挿絵の魅力もあって妙に可笑し味が増している。
    この画家さんのお気に入りのセリフでもあるらしく、講演の後で「さあ、皆さん!
    一緒にやってみましょう!」と聴衆とともに唱和するらしい。
    いやはや、なんて楽しい人だろう。

    有名な「白波五人男」という歌舞伎の中の、弁天小僧・菊之助のセリフ。
    その「白波五人男」も、正確には『青砥稿花紅彩画』(あおとぞうしはなのにしきえ)と
    言うのである。
    歌舞伎の演目って、タイトルがどれも難しいわ。
    初演が1862年3月、江戸・市村座。
    大衆演劇ということは、当時のひとはこれを観て聴いておおいに楽しんだということだ。
    江戸のひとたちの素養はかなり高かったことになる。

    何しろタイトルになっている「知らざあ言って聞かせやしょう」の次は「浜の真砂と
    五右衛門が、歌に残せし盗人の、種は尽きねえ七里ヶ浜、その白波の夜働き」と
    続くのだ。
    思わず「寅さ~ん、助けて~」と叫びそうになったわ。
    菊之助のような美少年でもなく、美人局をするほどの美人でもない私が
    これを暗唱してみせたら、さぞ驚かれたり笑われたりだろうけど、
    面白いから覚えてみようかと、もっか頑張っているところ。
    いやいや、「美人局」とか「稚児が淵」などは意味を聞かれたら困るなぁ。
    仕方がないから、いっそそのまま説明するとして(笑)。

    年配の方の教養の高さに時折驚くことがあるが、こういうものを声に出して
    覚えることで、だんだん意味も知り、セリフに深みが加わり、それが教養として
    積まれていくのだろう。
    昔の教育方法も良いものだなと思ったりもする。

    堂々と自己紹介する泥棒さんの話。
    ちょっと、あなた。悪者らしくしてください。
    約5分。幼児から大人まで。

  • 知らざあいって聞かせやしょう
    濱の真砂と五右衛門が 歌に遺せし盗人の
    種はつきねえ七里ガ浜 その白波の夜働き
    以前を言やあ江ノ島で 年季勤めの稚児が淵

    白波五人男の弁天小僧菊之介の台詞を飯野和好の絵で大胆に明確い表現された、日本語のリズムをたっぷり味わえる絵本。
    うちの夫は「若衆の美人局」が子供の教育上よろしくない!と苦っとりますが、これだけ気分のいい絵と言葉、ケチケチ言わずに楽しみましょうよ。

  • 知らざあ言ってきかせやしょう。





    資料ID:W0142777
    請求記号:E||91||Ko
    配架場所:2F絵本架

  • 上手に読めるようになりたいな

  • 弁天小僧菊之助の台詞です。「声に出して読む日本語」で紹介されたのかな?意味は分からずとも(子どもには少し難しい)節回しとか巻き舌で言うところとかが面白いらしく暗記してます。飯野さんの絵も雰囲気あり。

  • 寄贈本
    状態:貸出可
    ※利用対象者:本学の教職員と学生に限ります。

  • 齋藤 孝/編,飯野 和好/絵,
    「声にだすことばえほん シリーズ」
    図書館本。

  • 2012.8.5.sun

    【経路】
    図書館。

    【感想】
    声にだすと楽しい!

    【内容メモ】
    五人組盗賊の一人、弁天小僧菊之助の、「弁天娘男白波」の名セリフ

  • 意味はわからなくても言葉のリズムだけで十分楽しい絵本です.
    飯野 和好の絵も相変わらずいい味出してます.

  • 日本語っておもしろい。声に出して楽しい一冊。覚えられたらかっこいいなぁ。

  • 2011年10月3日

    装幀/羽島一希

  • 白浪五人男。弁天小僧菊之助。

  • しらざあいってきかーせやしょーう!

  • なんと驚く事に!
    3歳の息子、これを覚えてしまいました。
    負けじと覚える私。
    「しらざあ」「しらざあ」家中大合唱です。

  • みにぴ ミク氏 2010.11.27

  • 美男子の生き様を歌舞伎のように声に出して読んでみましょう。
    日本語の面白さが良く分かります。

  •  待ってましたっ! 「にほんごであそぼ」が本格的に始まったとき、一番初めの放送で、子役の四人が唐傘回してこの歌舞伎の台詞を放ってから、早く子ども向けの本が出ないものかと首を長くして待っていました。
     イラストは飯野和好さん。もう、なんというか、声を出してこの絵本を読むと、弁天小僧菊之介の世界にこちらが吸い込まれ、一緒に彼のプロフィールを体験し、さいごは見栄まで切っちゃう勢いです。
     子どもに読ませても良し、親が音読するも良し、家族で見得を切るも良しです。

  • いやぁ、ノリノリで読みましたよ。何度も何度も。さすが「声にだすことばえほん」。本当はどんな風に読むのか知りませんが、自分なりに読んで、子供にも読み聞かせました。覚えてしまうくらいに…いや、実は覚えてしまったのですよ。比喩でなくてね。

  • 読んでないけど気になる絵本。

    弁天小僧の有名なセリフが書いてあるはずなんだけど、その言い回しを参考にした役者というのが市川亀治郎っつーのはどういうわけなんでしょ。

    菊之助とか他にもいるんじゃね?

  • 私は、ノリノリで読んでいました。個人的に、かなり楽しんでおります。

  • 「NHKにほんごであそぼ」で引用されていたので、図書館で借りたが。。。話自体が親も理解するのに難しかった(後ろに解釈があるので、それを読めばわかるが)。
    「若衆の美人局」など、意味をわからず読んでいるところはいいのだが、意味をきかれたら、どうしよう?

  • 「日本語で遊ぼう」のシリーズです。
    斉藤孝さん編集

    パパと二人で何度も繰り返して覚えてました。

    こどもって、ほんと、凄いんだなあとびっくりした一冊です。

  • 歌舞伎『白浪五人男』の弁天小僧菊之助の口上の場面のみをクローズアップした絵本です。
    絵本だから、セリフの意味がとても分りやすいです。

全23件中 1 - 23件を表示

知らざあ言って聞かせやしょう (声にだすことばえほん)を本棚に登録しているひと

知らざあ言って聞かせやしょう (声にだすことばえほん)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

知らざあ言って聞かせやしょう (声にだすことばえほん)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする