めかくしおに (ほるぷ創作絵本)

  • 26人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : たんじ あきこ 
  • ほるぷ出版 (2010年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784593560752

めかくしおに (ほるぷ創作絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  神社で、お面売りのおじさんから、きつねのお面をもらったつきこ。これをつけて「めかくしおに」をしたら、もののけの世界に来てしまう。もののけの世界のなかで、つきこは出る方法を探し歩く。
     もちろん出られるのだけれど、その条件がなかなか怖いと思うのは、大人だからか。

  • たんじあきこさんのかわいい絵に惹かれましたが、内容は物の怪。思いがけず怖い〜。誰かが元の世界から呼んでくれなかったら…と考えてしまいました。こわいこわい。

  • 地味に怖い。

  • つきこは友達と神社で遊んでいたら、お面売りのおじいさんからキツネのお面をもらった。目の所に穴があいていないキツネの面だったけど、つきこはそれをつけて、みんなで目隠し鬼をすることに。けれど、キツネのお面、つけたとたんに、顔にはりついたみたい。足を一歩踏み出したら、鈴の音とともに、おばけたちの世界へ踏み込んでしまったのです。

  • 雨上がりの午後、つきこがクラスのともだちと神社へ遊びに行くと、へんてこなお面ばかりを売っているお面の露店が出ていました。
    きつねのお面をもらったつきこたちは、早速そのお面で「めかくしおに」をすることにしました。
    つきこがおにになりお面をつけると、貼りつくようにぴったりでした。
    そして、つきこが足を一歩踏み出した時チリチリチリーンと鈴の音がして・・・
    つきこは、もののけの国に迷いこんでしまいました。
    のっぺらぼう、おおがま、ろくろっくび、かさこぞう、ひゃくめ、じんめんじゅ、きゅうびのきつね。
    次々登場するおばけ。
    つきこは無事に戻ってこられるのでしょうか?
    お話は怖いんだけど、出てくるおばけたちはみな愛嬌があって可愛らしく、楽しく読むことができました。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする