アブナイかえりみち (ほるぷ創作絵本)

  • 90人登録
  • 3.94評価
    • (11)
    • (9)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 山本孝
  • ほるぷ出版 (2013年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593560851

アブナイかえりみち (ほるぷ創作絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 息子の絵本。
    アホアホ男子の壮大な冒険。
    けど、小学校の頃って、周りの景色がこんな風に見えてたなぁ。

  • 「ほうかごスペシャルたんけんたい」の5人がめざすのは
    まぼろしの王宮「チンダ・ダラハ」のてっぺん

    商店街ならぬ「スラズスとりで」を通り抜け
    ブロック塀ならぬ「地獄の平均台」を渡り
    「チマンホいちば」にたどりつくと

    「がっこう おわったら まっすぐ かえりなさいって
     いつも いってるでしょう! ほら かえるよ!」

    2号がオババーン族にとらわれてしまった

    エネルギーあふれる放課後の男の子たちをみごとに描き出した
    ハチャメチャでアツイ“男子絵本”2013年刊

    2015年に続編『アブナイおふろやさん』も出版

  • 5人の男のが放課後にスペシャル探検隊となります。

    そして下校途中にジャングルへ入ったり恐竜と遭遇しながらも帰っていきます。

    低学年の頃って寄り道して帰ることって冒険なんですよね。

    面白い発見や楽しそうなこものが多々あります。

    でも、現実的なことを言うと「寄り道して帰ってもいいよ」とは言いにくいんですよね。

  • 男子のあこがれ戦隊ヒーロー。冒険の世界が広がります。
    Kわぐちひろし探検隊ふうに読み聞かせ。
    (世代がわかる!?)
    低学年に大人気^^(K)

  • 「ほうかごスペシャルたんけんたい」の、学校から「チンダ・ダラハ」までの冒険のお話。

    面白い!
    名前の付け方のセンスとか、子ども達の結束力とか、一人ひとりの設定とか、本当に楽しい1冊。
    想像力のたくましい時期に、息子にも、こういう遊びをいっぱいして欲しいと思った。

    今の子ども達はこういう遊びが出来る環境が少なくて、少し気の毒。
    そんな社会にしてしまった事を、大人として少し申し訳なく感じる。

    とは言え、現代の子ども達も、それなりに子どもだけの世界を創り出しているのだろう、とも思うけど。
    どの時代でも、子どもという存在はたくましい、よね。

  • 2014/7/1 5-1

  • 放課後。チンダ・ダラハ(原田団地)のてっぺんを目指して、探検隊を組んだ5人。
    1号、ヒデ。2号、コウ。3号、マル。4号、ノブ。5号タクは、ンラズスとりでを通り抜け、ジャングルに落ちた4号を助け、チマンホ市場でオババーン族に捕まりそうになりながら、・・・

    団地のてっぺんにたどりついたら、異世界となっていた町の様子も、現実にもどり、5人はそれぞれ団地の家に帰ってゆく。

    毎日の通学路も、冒険に変えてしまう想像力が楽しい。

  • 資料番号:020257366
    請求記号:E/ヤマモ

  • 男子5人の 学校帰り道は ものスゴい 妄想の町!! 無事に 「チンダ・ダラハ」に たどり着けるのか!!

  • まさに男の子の頭の中はこんな感じ。
    子供の冒険心をくすぐる。パパなら子供の頃を思い出す。男の子の頭の中を覗きみたいママにお勧め。

全19件中 1 - 10件を表示

アブナイかえりみち (ほるぷ創作絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アブナイかえりみち (ほるぷ創作絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

アブナイかえりみち (ほるぷ創作絵本)の作品紹介

かえりみちは、キケンがいっぱい。「ほうかごスペシャルたんけんたい」になってたんけんするぞ。ハチャメチャでアツイ、男子絵本。

ツイートする