おおきくなりすぎたくま

  • 140人登録
  • 3.91評価
    • (15)
    • (9)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 30レビュー
制作 : リンド・ワード  渡辺 茂男 
  • ほるぷ出版 (1985年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (86ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593561230

おおきくなりすぎたくまの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Y18-N00-127

  • 撃たれちゃうのかはらはらしたけどよかったーーー

  • じぶんでやる、というジョニーの決断のあと、出会ってかえでさとうをあげたときの絵を見返した。
    とりあえずその絵を携帯の待ち受けにしました。

  • 数年前子供が幼稚園で借りてきてから大好きになり何度となく借りてきては読んでる。いい加減買おう。
    何度も帰ってきちゃうクマの表情が「ドヤァァァ」にしか見えなくて吹き出しを付けたくなっちゃう。
    動物園は幸せなのかどうか?うーん、確かに。でもハッピーエンドなんじゃないかな。

  • おすすめされたシリーズ。熊の表情がいいです!ストーリー展開も好きな感じでした!

  • 動物は、何してもかわいい!

  • 少年の気持ちが・・・・伝わってくる作品でした。
    熊の毛皮をとってやるぞと鉄砲をもって森に入ってくる気持ち。
    小熊を連れ帰ってくる気持ち。
    村人たちとの生活になじまず森へ返しに行く気持ち。
    最後の決断をしなければいけない気持ち。

    最後はめでたしめでたし。よかったね。

  • 「児童青少年の読書資料一覧」(中多泰子ほか『改訂 児童サービス論』樹村房、2004年)で知り、図書館で借りた
    実際に借りたのは、福音館書店の1969年発行のもの

    ジョニー・オーチャードくんが、谷中で一番でかい熊の毛皮をつくろうと勇んで出掛けてであった小熊は、成長して大きくなりすぎて……
    1952年コルデコット賞受賞作

    左の白地の下方には文章、右にはセピアの美しい絵があり、丁寧に作られた絵本だなぁと感じる
    内容は、個人的には好きになれなかった
    熊が勝手なのは仕方ないにしても、戻ってきた熊の顔がこわい
    熊が怒っているのか悲しんでいるのかよくわからないのは、当然のことかもしれないのだけれど
    いっそ自分の手で、というジョニーくんが大人すぎる
    熊をつかまえにきた人たちが見知らぬ人であったのは、良かった
    『きかんしゃやえもん』を思い出した

  • くまのことジョニーの打ち明けた様子に心あたたまりました。

  • つらい。

全30件中 1 - 10件を表示

おおきくなりすぎたくまに関連する談話室の質問

おおきくなりすぎたくまを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする