ねこのシジミ (イメージの森)

  • 118人登録
  • 3.93評価
    • (17)
    • (12)
    • (14)
    • (3)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 和田誠
  • ほるぷ出版 (1996年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593564149

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーガレット・ワ...
マージェリィ・W...
酒井 駒子
馬場 のぼる
モーリス・センダ...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ねこのシジミ (イメージの森)の感想・レビュー・書評

  • シジミはイラストレーター和田誠の長男に拾われてきたオス猫。和田誠にしてはめずらしく線の多いタッチで描かれた猫目線の和田家の日常。

    シジミの名付け親は和田家のおかあさん。すなわち、平野レミである。そう思って読んでいくと、最後に愉快なオチに出会える。

    子供に読み聞かせするより、大人が読んでニヤっとする向きの絵本だと思いました。

  • なんか好き。

    泥棒もつかまってよかった。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 家族のみんなに愛された、シジミくん。平野レミさんは、おうちでも愉快なレミさんのようです。ふふ。猫さんと暮らす家の日常の風景は どこも似ているみたい。和田誠さんが描くレミさんのにこやかな笑顔がすてきでした。

  • 【ちひろ美術館・東京にて】ショウくんが拾ってきた小さなネコとの愉快な日々。この楽しいお母さんは‼︎ 思わず笑みがこぼれちゃう。

  • 捨てられたネコでも、幸せになれるよ…

  • 絵は大好き!ゆるさと細かさとリアルさがちょうどよく、色合いもやわらかく優しい。話は地味。

  • この絵本は最高です! ねこ好きの方は100%好きになる。読まないのは人生の損です。

  • いつも、癒される。大好きな本。

  • 絵がとてもかわいい。
    シジミという名前の由来が面白かった。
    シジミが語る猫の生活、猫を飼っている人なら「うんうん、分かる」と言いたくなることでしょう。歳をとって寝ていることが多くなったシジミで話が締めくくられているのもいいですね。ほのぼのと読めるネコ絵本です。

  • 2012/05/22 6-1

    2013/05/21 2-2

    2014/06/17 5-2
    2014/07/01 6-2

  • 平野レミが和田誠の奥さんと知る絵本。似顔絵上手な和田さんが描くレミさん必見!エピソードがいちいち彼女なら言いそうって可笑しくて。あー旦那さん、いつもこう心の中で突っ込んでるんだねって微笑ましい。

    目立っちゃう奥様はもちろんサブキャラで、主役は愛猫「しじみ」淡々と彼の口調で語られている。
    息子さんとおぼしきショウちゃんが拾ってきて家族になり、和田家の日常を猫らしい距離感でみつめている。
    猫のいるおうちの猫好きにはたまらない絵本かも。

    ナンセンス絵本以外で普通に笑える絵本でもあり!ネタバレなしで読んで欲しい。

  • 猫の一人称で話されるお話。
    全部ひらがな。

    小さいころに拾われてきて、シジミ見たいな見た目だからシジミと名付けられる。
    最後、年をとって、最近は寝てばかりいる、という部分で、じわっとくる。

  • ねこの視点で描かれた絵本。淡々としたかんじの語り口調ですがほのぼのしています。

  • 図書館で表紙の猫とふと目があった
    「あら!うちのなつき!」もう借りなくっちゃと

    ものすごい感動とか涙とかはなにもない
    猫と家族のありふれた日常
    でもでも かわいくって

    和田家の猫ですよね きっと
    抱っこしてるお母さん 絶対奥さまの平野レミ(料理研究家)さんですもの


    ≪ なんの夢? 手足伸ばして 眠る猫  ≫
        

  • イラストレーターの和田誠さんの家で飼われていた、猫の『シジミ』。ちょっぴりしんみりする物語。

  • 小学生のしょうちゃんが、学校の帰りに子猫を拾って…
    正確には同級生の女の子に押し付けられて帰宅するというところから物語は始まります。

    ネコを題材にした絵本はたくさんあるのですが、これはネコの視点から自分の生活をシンプルに物語っていくというお話しです。
    学校などで読むと「ああ、ウチのネコとおんなじ。」「そうそう。」
    と子供たちが思わずうなずいてしまう場面や、平野れみ(私の思い込み)さん風の元気なお母さんとのかかわりが、
    とてもほのぼのとした気持ちにさせてくれます。

    幸せな猫の半生を描いた1冊。

    ネコを題材とした、ネコがネコらしい一冊と言えるでしょう。

  • 猫の飼い主の名前にひぃが、爆笑でした。

  • トラの和田君のお父様の書いた本。シジミちゃんの名前は前から知っていたので、やっと会えたなあという気がしました。和田家の話、きっとこれ本当のことばっかりなんだろうなって思わせます。
    幼いショウちゃん、楽しすぎるおかあさん!
    最後はなんか涙ぽろりでした。
    もしトラファンでこの本読んだこと無い方が居たら必読です!

  • 実在のネコのお話ではないでしょうか。リアルです(笑)。死んでしまった我が家の飼い猫を思い出してほろり。

  • イラストレータの和田誠氏は結構好きなんですけど、シジミちゃんは彼のおうちの猫のようです。<br>
    和田氏の奥様が平野レミさんであることは知っていましたが、なんとこの絵本の中に、お母さんとして出てきます☆<br>
    そっくりです(笑)<br>
    シジミちゃんもかわいいです(^-^)

  • シジミという名前の猫の生活が淡々と描かれています。家族の愛情が感じられ、優しい気持ちになれます。作者の和田誠さん一家が実際に一緒に暮らしている猫のようです。

  •  シジミという猫が拾われてからの人生(猫生?)の話です。このシジミのように、うちのネコも幸せだといいなあと、思わずにはいられません。

全27件中 1 - 25件を表示

ねこのシジミ (イメージの森)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねこのシジミ (イメージの森)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする