ケニア (ナショナルジオグラフィック世界の国)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Bridget Tanguay  Tabitha Otieno  Chege Githiora  チェゲ ギシオラ  タビサ オティエノ 
  • ほるぷ出版 (2008年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593585472

ケニア (ナショナルジオグラフィック世界の国)の感想・レビュー・書評

  • 294.54 タ 登録番号9243

  • 人類発祥の地(かもしれない)ケニアを紹介する写真絵本。
    写真がきれいだが動物ものが多い。そこがケニアの(期待される)魅力なのかもしれないけれど。

    パッと思い浮かぶサバンナだけじゃなく、高い山から豊かな海まで起伏にとんだ土地らしい。
    セーターっぽい学生服を着たアフリカの子ってよく写真でみるけど暑くないのかなと思っていたら、高地は涼しいらしい。日本の夏のほうが暑い。

    国旗が格好いい。
    エジプト同様イギリス支配と闘った証であり、自分たちの誇りでもある。

    二度の世界大戦でケニア人はイギリスと共に戦ったが、イギリスはケニアの独立を認めなかった。
    というのは、「私家版 差別語辞典」にあった茶筅隊と長州戦争がアメリカ独立戦争における奴隷解放と似ている という話と繋がってるのかな。

全3件中 1 - 3件を表示

ケニア (ナショナルジオグラフィック世界の国)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ケニア (ナショナルジオグラフィック世界の国)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ケニア (ナショナルジオグラフィック世界の国)の作品紹介

ケニアは数々の課題に直面しながら、アフリカ大陸では政治的に安定した安全な場所でありつづけている。野生生物、快適な気候、世界的に有名な景観、興味深い文化が、世界じゅうから訪れる人々を魅了しつづけている。そんなケニアを総合的に紹介。「見てみよう」では、各章の重要な情報を、コンパクトに、見やすくまとめた。1ページ大のテーマ別地図(地形、植生および生態系、歴史、人口、行政)を各章に掲載、多彩な情報がひと目でつかめる。

ケニア (ナショナルジオグラフィック世界の国)はこんな本です

ツイートする