ポーランド (ナショナルジオグラフィック世界の国)

  • 30人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (5)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : イウォナ サガン  Zilah Deckker  Iwona Sagan  Richard Butterwick 
  • ほるぷ出版 (2010年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593585632

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ヴィクトール・E...
小川 洋子
有効な右矢印 無効な右矢印

ポーランド (ナショナルジオグラフィック世界の国)の感想・レビュー・書評

  • 293.49 テ 登録番号9263

  • よし。
    概要はつかんだ。
    汚染がひどいとは、予想外だった。

  • 確かにポーランドについての概略を写真と簡単な説明つきでなぞることはできた。

    恐ろしいのは、アウシュビッツについてあまりにも書かれていないこと。
    著者はブラジル人だそうだが、慮ってのことか。ナショナルジオグラフィックというブランドが歴史に深入りしすぎることを拒否したのか。

  • ポーランドに行きたくなる本です。写真が綺麗!

  • ヨーロッパのまんなかポーランドを紹介する写真絵本。
    批判じゃない正義というか無自覚な価値観というか、そんなようなものがちょっと感じられる書きぶりが難。つまり西側な感じで。

    ポーランド人の3人に1人は外国に住んでいる。でも(それともそれゆえに?)愛国心が強い。そこにいなくても国が消えてもポーランド人であり続ける。
    豊かな自然。アジアのギリギリでヨーロッパのギリギリ。でも工業化によって汚染されている。
    戦争でほとんど破壊された、戦前と同じように再現された街。

    不思議なバランスだ。

全5件中 1 - 5件を表示

ポーランド (ナショナルジオグラフィック世界の国)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポーランド (ナショナルジオグラフィック世界の国)を本棚に「積読」で登録しているひと

ポーランド (ナショナルジオグラフィック世界の国)の作品紹介

ポーランドを、地理、自然、歴史、人と文化、政治と経済、の5章にフォーカスして解説。「見てみよう」では、各章の重要な情報を、コンパクトに、見やすくまとめた。1ページ大のテーマ別地図(地形、植生および生態系、歴史、人口、行政)を各章に掲載、本文中の写真の撮影地も明示。「スペシャルコラム」や小地図によって、さまざまなトピックをわかりやすく理解できる。

ポーランド (ナショナルジオグラフィック世界の国)はこんな本です

ツイートする