外来生物ずかん (見る知る考えるずかん)

  • 33人登録
  • 4.60評価
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 五箇 公一  ネイチャー&サイエンス 
  • ほるぷ出版 (2016年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593587490

外来生物ずかん (見る知る考えるずかん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大型の本で、写真も大きめ。文字も大きく、外来生物についてよくわかる図鑑です。
    特に、背中の赤い蜘蛛、がちゃんとわかる形で載ってるのが欲しかったので、ありがたいです(触ったら下手すると死ぬから)。
    小・中・高、買い!
    でしょう。

    2017/03/10 更新

  • よく見かける植物にも、外来種だと知らなかったものもあった。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
鈴木 のりたけ
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
R・J・パラシオ
戸森 しるこ
おおたぐろ まり
ヨシタケ シンス...
F.エマーソン・...
柏葉 幸子
有効な右矢印 無効な右矢印

外来生物ずかん (見る知る考えるずかん)はこんな本です

外来生物ずかん (見る知る考えるずかん)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

外来生物ずかん (見る知る考えるずかん)を本棚に「積読」で登録しているひと

外来生物ずかん (見る知る考えるずかん)の作品紹介

外来生物問題は、人間の活動によって生まれました。カメ、ザリガニ、タンポポ、ウシガエルにアライグマ。私たちの身近なところにたくさん生息している外来生物は、いま、日本だけでなく世界中で大きな問題になっています。なぜ起こり、どういう問題を引き起こし、今後どうすればよいのでしょうか。
本書では、子どもにも身近な種を中心に、代表的な外来生物90種と、それに関わる在来生物、あわせて120種以上を、さまざまな問題点とともに紹介しています。子どものための初めての外来生物図鑑です。

ツイートする