ダヤンとハロウィーンの戦い (Dayan in Wachifield)

  • 95人登録
  • 3.54評価
    • (9)
    • (10)
    • (33)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 池田あきこ
  • ほるぷ出版 (2005年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593592302

ダヤンとハロウィーンの戦い (Dayan in Wachifield)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ダヤン長編シリーズ第五弾。きな臭くなってきたこの世界で、とうとう悲しい戦いが。避けて通れない話なのでしょうが、悲しい別れが多くありました。

  • 恋は盲目。ふたりはちょいとうかつでしたな。罠だらけの街、映像化したらおもしろそう。

  • 長編シリーズを読み始めるまで、“わちふぃーるど”は動物が暮らす不思議で平和な世界、というイメージだったのだけど、『ダヤンとハロウィーンの戦い』はそんなイメージとはかなり違う世界。
    わちふぃーるどの動物たちと人間との確執、恋、戦争、そして別れ。
    明らかに悲しいできごとが待っているだろう展開に、途中で読むのが辛くなってしまった。
    この後も悲しいことがたくさん起こりそうな気配で、ワクワク楽しみというよりは平和になるまでなんとか読まなくちゃ、という気持ちです。

  • セ様がなんだかとっても乙女ティック

  • 大好きなダヤンの長編小説シリーズ第5弾です。前作を読んだのが結構前なので色々頭を悩ませましたが。

    世界観が本当に好きなのですが,今回は,と言うより小説版は戦争が大きな軸になっているので,私が一番好きな平和なわちふぃーるどとはちょっと違います。

    でもダヤンっていつもハラハラドキドキと共にありますよね。大人の絵本と言うか。毎回優しさの中にいくらか毒が入ってる。それが病みつきになるんです。

    そして今作はダヤン史上初なんじゃないかな?恋が大々的に描かれています。今まで友情メインで恋愛って殆ど無かった。新鮮です。

    途中途中に入れられた挿し絵もまた雰囲気があって,わちふぃーるどのミステリアスさを膨らませます。気になった方は是非第1弾「ダヤン、わちふぃーるどへ」からお読みください。

  • タシルに一人の若者、ニンゲンが流れついた。船が入り江に入り込んで抜け出せない、たすけてほしいと。たくさんのカモメ、そして大アホウドリの背に乗ったジタンに導かれ、職人たちが乗った船メロヴィング号は助けられ、彼らはタシルに住みつくことになる。しかし動物たちの国タシルが気に入らないものもいて、そしてまたあらたなニンゲンが・・・
    100年に1度のハロウィーンの夜、ふたたび死の森の魔王との戦いが始まる。

    大魔女の恋が中心に描かれている

  • 猫のダヤンは人間の居ない「わちふぃーるど」という不思議な世界に迷い込んだ。

    そこは動物たちが立って歩き、言葉を話し、魔法の存在する世界だった。

    世界はなぜ「アルス(地球)」と「わちふぃーるど」に分かれたのか。

    ダヤンは世界を救う旅に出ることになる…

    圧倒的な世界観と壮大なストーリーで繰り広げられる壮絶なファンタジー。

  • ダヤンの長編ファンタジー第5弾ですが、
    本書での主役はダヤンではないように思います。

    ダヤンは、アルスにいても、わちふぃーるどに来ても、過去に来ても、
    どこに行っても「今を生きること」ができる存在ですが、
    本書は、ダヤンに動かせない「過去」が
    どんどんと進展していっているような雰囲気です。

    さらなる魔王との戦いに備えて準備を進めていくタシル、

    おぼれ谷に流れ着いたニンゲンの船の救出、

    そのニンゲンのひとりであるバードと大魔女セの恋、

    そして、暗躍するキマイラにより、
    ダークサイドのストーリーが静かに動いていきます。

    ある意味小休止で、ある意味急展開なのです。

    主役ではないように見えるダヤンだが、重要な役割を果たしています。

    まず、ニンゲンのバードが、セを好きであるという打ち明け話を聞き、
    間を取り持つような役割を果たします。

    そして、100年に1度の大ハロウィーンだからと、
    今まで魔族の集まりを欠席し続けていた大魔女セが、
    出席しなければならないように仕組まれたときも、
    ダヤンはセのお供をするという役割を果たします。

    前作・『ダヤンとタシルの王子』で発覚した、魔法の力を強める力を、
    セのために使うという役割もあります。

    今までのストーリーのようにダヤンがお話を動かして、
    活躍して、締めるというのとは、今回は少し異なるのですが、
    ダヤンがおそらくこの後に果たす役割を
    伏線的に埋め込んでいるストーリーのようにも見えます。

    そして、今回は、ダヤンがどこにいても、
    「今を生きられる」という力が、
    ダヤンが普通にしているというだけで、際立って見えてきます。

    というのは、この過去の時代には、
    ダヤンが知っている未来の時代にも生きている存在がいるのですが、
    その存在は、明らかに、「未来」よりも「過去」の方が、
    より生き生きと生きているのです。

    こちらの時代の話を読むと、
    今まで読んだ「未来」の時代は、その登場人物にとっては、
    まるで余生のようなものだったのではないかと思われるのです。

    ですが、ダヤンは、その「未来」を変えるために、
    「過去」に送り込まれた存在です。

    いったいダヤンは、今後の状況をどう切り開いていくのでしょう。

    私にとっては、『ダヤンと時の魔法』のエンディングで、
    時を越えたときに起こった出来事が、まだ宙に浮いたまま残っています。

  • 長編シリーズ5作目。

  • 「ダヤンとタシルの王子」の続編。

全11件中 1 - 10件を表示

ダヤンとハロウィーンの戦い (Dayan in Wachifield)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダヤンとハロウィーンの戦い (Dayan in Wachifield)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダヤンとハロウィーンの戦い (Dayan in Wachifield)を本棚に「積読」で登録しているひと

ダヤンとハロウィーンの戦い (Dayan in Wachifield)の作品紹介

死の森での戦いのあと、つかの間の平和を得たタシルでは、ふたたび襲ってくるだろう魔王やニンゲンに備えて、ジタンの指揮のもと、街ぐるみの防戦の準備を進めていました。そこに流れ着いたのは、ニンゲンの職人たちの一団。かれらはタシルに住みつくことになりましたが、百年に一度の大ハロウィーンの祭の夜、ふたたび宿命的な戦いが…。そのさなかに花ひらいた大魔女セの恋のゆくえは…。大好評の長編ファンタジーシリーズ第5弾。

ダヤンとハロウィーンの戦い (Dayan in Wachifield)はこんな本です

ツイートする