かたあしのひよこ (世界みんわ絵本)

  • 71人登録
  • 3.50評価
    • (4)
    • (7)
    • (8)
    • (2)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 水谷章三
制作 : いとう ひろし 
  • ほるぷ出版 (1992年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593593132

かたあしのひよこ (世界みんわ絵本)の感想・レビュー・書評

  •  あるところにおじいさんとおばあさんがいました。おじいさんとおばあさんは、一羽のひよこを飼っていて、たいそう可愛がっていました。そのひよこは、なんと金の足を持っていました。それを聞きつけた王様はひよこの足をちょんぎってしまいました。
     大きくなったひよこは足を取り返すべく、王様のところへ向かいます。その間、オオカミやライオンに出会うのですが、なんと彼らを飲み込んじゃった。どうしてかな。

  • ちょっと考えてみるとかなりグロい。

    おとぎ話にしてもひよこが狼やライオンを飲み込むとか吐き出すとかあたま山っぽい描写がなんとなく気持ち悪かった。
    小さくて弱い者をいじめたら全然小さくも弱くもなかった。
    小さくて弱くても頑張ればやれるっていうお話なのか、はたまた見た目に騙されて油断するなという教訓なのか。

    子供なら前者と捉えるだろうけど、大人は後者と考えるんだろうな。

  • ひよこがとられてしまった金の足を取り返しに城に向かいます。
    ヒヨコのナンセンスなたくましさが印象的です。

  • 9歳息子と5歳娘に読み聞かせ。
    スペイン民話。ルラルさんの絵の人。ひよこの絵の、足としっぽが似ていてわかりにくくて、むすめは、「足1本多いひよこだったからとられてもいいんだよ」と言ってたが大間違い。
    悪い王様が、金の足のひよこがいると知って、足を1本とってしまう。1本残してくれたからいい王様? 金の足ってことは義足?
    インドの「ランパンパン」は黒い鳥が耳になんでも入れてたけどこのひよこは何でも飲み込める。で、あとでそのまま出せる。便利。
    そして罪のない羊は狼に食われ、罪のないらばはライオンに食われ、王様の家来たちは水に流され、いちばん罪深い王様の命は助けてやるという。なぜ?
    読み終えて息子が、ランパンパンと似てるねって気づいた。インドとスペインなのにね。

  • 片足が金色のひよこ。王様に足を奪われてしまい片足になる。絵だと、金色がオレンジになってしまっていて、なんだかがっかり。「金色の足」という、特別な感じがしなくなる。それからつぎつぎとひよこがオオカミやらライオンを飲みこんでいく大胆さよ…。
    でもお話は面白いと思う。

  • 金の足を一本王さまに取られたひよこ。大きくなって取り返しに〜 旅の途中、ひよこと一緒におおかみ、ライオン、川など。なんとひよこが飲み込んでつれていきます。

  • タイトル‥(TmT)
    と思ったけど
    ひよこたくましかった

    金の足をとられて王様のところに乗り込んでいくひよこ

    道中ライオンや川をのみこんでいく

    なんか知ってるな〜と思ったら
    スペインの民話だそうです

  • 平成17年6月22日
    1年生

  • かわいい絵です。わかりやすい内容です。
    金の足を持つひよこの最強っぷりは
    うちの小学生からも
    ツッコミが止まりませんでした。
    (金の足である意味はあまりない…)

  • 金色の足を持っているヒヨコ。
    片足を王様に取られてしまいます。
    その足を取り返しにヒヨコは城へ。

    小さくて、か弱いヒヨコちゃんが真逆な行動をとるところが楽しい。低学年は素直に楽しむ本だ。
    字が少ないので一人で読ませることもできるが
    読み聞かせするのに向いている本だと思う。

    こどもウケ ★★★★★

  • 金の足を持つひよこが王様に片足を取られ、それを取り返しに行くお話。
    絵がポップで可愛くて楽しいお話です。ひよこがたくましいというか、アグレッシブですね!爽快です!

全14件中 1 - 14件を表示

かたあしのひよこ (世界みんわ絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かたあしのひよこ (世界みんわ絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かたあしのひよこ (世界みんわ絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする