ブレイクブレイド【新装版】(1) (メテオCOMICS)

  • 123人登録
  • 4.12評価
    • (6)
    • (17)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 吉永裕ノ介
  • ほるぷ出版 (2013年7月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593857388

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ブレイクブレイド【新装版】(1) (メテオCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • テレビ視聴から。世界観・キャラクターなど、好みの作品であることはもう判っているので、読み進めるのみ。一心不乱・リケジョのシギュンの一生懸命さがキュート。友が国を違えて心ならずも対立する構図は典型的だが、王道。そして、能無しと言われる主人公が最も強力な武器を持ちうるモチーフも同様か。なお、マンガとアニメの比較の意味はあまりないけれど、ロボットは動いてこそナンボということは良く判る。

  • 連載中 昨今の俺TUEEEE作品と違い、突然開花した才能に溺れることもなく、駄目なところは駄目なままな不器用な主人公が好きだったりする

  • おもしろい!
    王道って感じ。

  • 「ブレイクブレイド」
    TOKYO MX 毎週日曜日 23:00~
    キャスト:保志総一朗、斎藤千和、中村悠一、神谷浩史
    http://breakblade.jp/

  • 独自言語が多いながらもほとんど口語で用いられるに留まり、地の文で解説を行って読者の熱を冷ますようなことがない、という構成も手伝い非常に早く読み終えました。
    戦闘/非戦闘パートでコマの大きさがガラリと変わるのも、意識してページを眺めないと気がつかないくらいには効果を発している点が素晴らしい。
    そして何よりも、いわゆるロボものにありがちなそれとは違い、主人公が20半ばということもあって台詞回しにも理屈が通り、ストーリー進行の阻害が発生せず、同時に止めようがない物語の奔流を手伝うことに繋がっている。
    何故、今の今までこの作品に手を出さなかったのか、それが悔やまれてならない。

  • 石英で汲み上げたゴゥレムと呼ばれる人型兵器を魔力で動かす世界での戦争モノ。
    新装版でかなりのページが加筆修正されているらしいけど、ストーリーに手が加えられているわけでもなく、大幅に絵柄が変わったとも感じていないので大規模アップデートというよりは改良、調整版といった印象。
    政治、戦略、戦術、戦闘といったモノがしっかり詰まってるストーリーは好み

全6件中 1 - 6件を表示

ブレイクブレイド【新装版】(1) (メテオCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブレイクブレイド【新装版】(1) (メテオCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブレイクブレイド【新装版】(1) (メテオCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブレイクブレイド【新装版】(1) (メテオCOMICS)はこんなマンガです

ブレイクブレイド【新装版】(1) (メテオCOMICS)のKindle版

ツイートする