春の包帯少女(3) (メテオCOMICS)

  • 52人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 佐藤ミト
  • ほるぷ出版 (2014年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593857869

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

春の包帯少女(3) (メテオCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 放火犯に復讐したい。
    その一心で発言した「心を読める能力」を使い、アキはハルに迫る。
    そしてついにハルは、自らの過去を語り始める。
    それは放火犯の正体だけではなく、ハルとナツ、ふたりの秘密に関する想像を超えた「真実」だった…。

    ハルの炎の能力の発現した原因である過去が明らかに。
    というか過去話の単発ナツ可愛いな。あの状態のナツをここまで変えることが出来たハルはすごい。普通にいい話だった。
    おかげで間にはいる現在のアキが本当に鬱陶しい。放火犯の疑いかけるのも仕方ないけど、警察でもないのに何様なん?って感じがする。
    それにしてもハルは放火犯と接触してたのかー。

  • ジャケ買いが外れたパターン

全2件中 1 - 2件を表示

春の包帯少女(3) (メテオCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

春の包帯少女(3) (メテオCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春の包帯少女(3) (メテオCOMICS)はこんなマンガです

春の包帯少女(3) (メテオCOMICS)のKindle版

ツイートする