同居人はひざ、時々、頭のうえ。(1) (ポラリスCOMICS)

  • 558人登録
  • 4.12評価
    • (54)
    • (59)
    • (31)
    • (1)
    • (1)
  • 38レビュー
  • ほるぷ出版 (2015年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593881161

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(1) (ポラリスCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 【あらすじ】
    ミステリー作家・朏 素晴(みかづき すばる)は、自らの想像の世界を邪魔する他人が苦手。そんな素晴の元にやってきたのは、一匹の猫。その不可解な行動を見ているうちに、小説のネタが浮かんできて……!? 不器用男子×一匹の拾い猫。 ふたりでみつける幸せぐらし。人と猫、W視点で贈る物語。猫のきもちが知りたい人、必見です。

    【感想】
    自分の殻に閉じこもっていた人間が、猫のおかげで少しずつ心を開いていく。それが時におもしろく時に切なく時に心揺さぶる…そんな物語を作り上げている。すごく楽しく読めたし、あったかい気持ちになれた。

  • もともと二次創作ですきな方だったのですが、買ったあと積ん読になってしまってて、ようやく読みました。
    猫とのほのぼのライフ〜を想像していたら、意外と主人公の闇の部分をクローズアップしててびっくりしました。
    気持ちはそれぞれすれ違っているかもしれないけど、お互いに救われてるところとか、よいですね。
    思わず泣いてしまいました。
    続きは春刊行予定ということで、楽しみです!

  • ニャンコのはるちゃん可愛すぎる。早く続きが読みたい。

  • 表紙とあらすじに惹かれて衝動買い。すごい良かった!面白かった〜〜!買って正解!人間と猫視点両方あって、お互い全く違うことを思ってるのがおかしい(笑)ハルとっても可愛くて癒される〜。素晴の両親が見守ってるエピソードにはうるっときた;;

  • 人間視点、猫視点から読めるので、そこは猫的にはそうだったのねーと思いながらも、猫視点はしらない素晴(すばる)先生の勘違いほっこり具合が可愛いと感じてしまいます。猫の陽(ハル)の世話焼きぶりがけなげで可愛いですし、ふよふよ霊のご両親の仲良しぶりもよいです。カバー裏でのハルを撫で撫でしたい、両親二人が可愛い。
    猫は霊に敏感といわれてるので、ハルにだけ見える設定もいいなと思います。
    科学的には、耳がすごくよいので、人間には聞こえない音をおっているらしいですが。
    ラスト間違ってお家を出ていったハルが閉め出されちゃったので、次巻ちゃんと戻ってこられるとよいな。
    心配しつつ、次巻待ち。

  • お腹空いてるなら、私がいくらでもご飯あげるからーー!!!
    猫好きには堪らない一冊ですが、早くハルを迎えに行ってあげて!!

  • 猫好きにはたまらない一冊。
    本屋で展開されていて何気なく手に取った一冊だったのですが、購入して正解でした。
    引きこもりで人間嫌いな主人公が猫を飼い始めていろんなことに気付き始めるストーリー。
    にゃんこあるあるに共感しつつ、にゃんこに癒され、にゃんこの可愛い所を再確認して涙しました。←
    そうなの、世間一般ではね、猫って気まぐれで懐かないって言われてるけど、そんなことないんですよ。可愛がれば可愛がるだけツンデレ発揮してくれるんです。そして一番側にいて欲しい時、一番弱ってる時にそっと隣にいてくれるのです。自分も同じことをしてもらったことがあるので思わず思い出して泣きました。
    ああ、我が家のにゃんこ様に会いたい…、

  • 人目線と猫目線交互に描かれていて猫目線を読むとなるほどーと思ってほわっとする。ゴハン期待してよだれ垂らしてるハルかわいい。

  • 人付き合いが嫌いなミステリー作家の青年が世話焼きな野良猫と一緒に暮らすことになり、その中で少しずつ変わっていく話。人の視点と猫の視点で同じ時間が描かれていて、それぞれその時に何を思い考えていたのかが分かる内容になっている。猫のハルが可愛い。癒されるわ〜

  • 人(素晴)編+猫(陽・ハル)編という構成が新鮮。猫編ダメだ〜すごい、涙腺壊れる。猫好きにはたまらない猫あるあるに猫の気持ちが実に説得力あり。

  • とある情報サイトでオススメされていたので購入。


    事故で家族を失い
    天涯孤独となった引きこもりがちの主人公と


    野良で生きてきた猫のハートフルストーリーです。


    毎話、
    主人公視点でストーリーが進み、

    その次に
    同じストーリーを猫視点で描くという構成となっています。


    主人公視点では通じあっているように見えても


    猫視点ではそうでもなくて…


    というのが読んでいて面白かったです(^-^)

  • これ!猫飼いさんにめっちゃおすすめ!!!ハルちゃん可愛いよおぉお

  • 本屋で平積みされてるのを見て、気になってました。
    人視点と猫視点の交互に話があって、読みやすかったです。

    我が家にも猫や犬がいるので、共感したり納得したりで読むのが楽しかったです^_^

  • 人嫌いで気難し屋な小説家の青年・素晴と、素晴に拾われた目つきの悪い姉御肌な猫・ハルの同居物語。
    素晴目線とハル目線が1話単位で交互に描かれているのが面白い。
    付かず離れずな2人の関係に時にほっこり、時にじーんとする。

  • にゃんこらぶ♡

    ひと目線と、にゃんこ目線で同じ話が進むのが面白い⭐︎
    2度オイシイ⁈笑

  • ホッコリ可愛い。

  • なんだか、久しぶりに読んだ気がする。
    こういう雰囲気の漫画。

    設定が取り立てて珍しいわけではない。
    目眩く展開ではないし、なにがなんでも続きを!ってタイプでもない。

    ただすごく、調和している。
    世界のどこかに、存在していてほしい、やさしいひとたち。

  • 引きこもりミステリー作家・朏素晴と素晴の家に住み着いた猫のハル。この一人と一匹の同居生活をそれぞれの視点で語られるのが面白い。ハルは素晴を「下」に見ていて、しかも「私がついていてあげなきゃ!」と姉?母?目線。猫だけど母性本能刺激されてる? 一人と一匹のずれている感情がちょうどいい感じ。 一巻の最後で素晴は気が付かないうちにハルを閉め出しちゃったけどどうなるのかな。

  • ミステリー作家・素晴は創作の邪魔をする他人が苦手。
    そんな素晴の元にやってきたのは、一匹の猫。
    猫の不可解な行動を見ているうちに小説のネタが浮かんできて…!?
    人と猫、それぞれの視点で贈る幸せ一緒ぐらし。

    猫好きにはたまらない感じだった。すごくほのぼのして面白い。
    小説家でコミュ障な主人公素晴が、拾った猫(多分子猫)と意志の疎通が取れていそうで微妙に取れていない共同生活を送る。何より面白かったのが、素晴視点で一話終わった後、猫のハル視点でもう一度振り返っている点。人間側からだと、もしかして心配してくれてる? 返事した?って感じで通じ合った感じがあるんだけど、一方のハル視点で見ると微妙にずれてるのが実に微笑ましい。でもハルはハルなり素晴に懐いてるので可愛いなぁ。ご両親の話は少しうるっと来た。すごくいいご両親だったのになぁ。
    しかし最後不穏な事に。どうしよう不可抗力とはいえ追い出した形に…。

  • 三白眼ニャンコが可愛い!

  • 猫飼いたい。
    とりあえず猫飼いたい。

    可愛すぎる。猫飼いたい。

全38件中 1 - 25件を表示

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(1) (ポラリスCOMICS)を本棚に登録しているひと

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(1) (ポラリスCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(1) (ポラリスCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(1) (ポラリスCOMICS)のKindle版

ツイートする