ナイトシフト〈1〉深夜勤務 (扶桑社ミステリー)

  • 295人登録
  • 3.57評価
    • (25)
    • (19)
    • (71)
    • (2)
    • (0)
  • 19レビュー
制作 : 高畠 文夫 
  • 扶桑社 (1988年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594002800

ナイトシフト〈1〉深夜勤務 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初読

    キングは短編もいい、ってわりと聞く気がするけど、
    う〜ん、そうなの?
    なんか、あんまなぁ、短編ならではの良さというより、
    物足りなさやなんでやねん感の方が強かったかな
    ↑「やつらは時々帰ってくる」とか
    子とり鬼」も怖かったけど、父ちゃんもなんか含みありそうで、謎感強かったわー
    「トラック」がそのへんバランスが良かった。

  • 再読。

    一番のお気に入りの「地下室の悪夢」は夢に見る程の気味悪さを味わえた。
    実写版は造り物が貧相だった記憶がある。

    これまた実写化されている「トラック」は「霧」めいていて
    楽しかった。
    映画は原作者が脚本、監督をつとめても原作には敵わないという興味深い結果に。
    いかに原作物の映画は難しいかの好例だと思う。

  • 「子取り鬼」が良かった。「呪われた村」も好き。

  • ホラーの巨匠、S・キングの短編集。「呪われた街」の舞台、ジェルサレムズロットの話があったので、読んでみたくなった。

    サラサラと読んでいける短い話が10話収録されている。不気味な話、凄惨な話、不思議な話…。種類は違えども、「恐怖」を与えてくれる作品ばかり。読後感は、ホラーらしくやや後味の悪い物が多いのは事実だが、ホラー好きには、それもたまらないエッセンスとなっているはず。

    個人的には、「地下室の悪夢」、「子取り鬼」、「波が砕ける夜の浜辺で」が怖かった。期待していた「呪われた街<ジェルサレムズ・ロット>」は、ラヴクラフトの「壁のなかの鼠」のオマージュ作品。ドキドキとしたものの、本家ラヴクラフトの話と比べると少し物足りなかったかもしれない。ただ、「呪われた街」を読んだことのある人にとっては、あの街の過去を知ることができるという意味では貴重な話。

  • これも中学生の頃にはじめて読んで、なぜか大人になっても忘れられない本です。キングの小説はなんかハマります。

  • 突出したストーリーはないものの、全体を通して“奇妙な世界観”が味わい深い一冊です。

  • 以前、深夜のカフェで、トラックがぐるぐる徘徊する奇妙で腑に落ちない映画を観ました。
    「なんだこりゃ!?」と、友人一同唖然としたわけですが、エンドロールに「原作:スティーブン・キング」とあって、二度びっくり。
    後日、その時一緒にいた一人が「あったよ、買ったよ」と言って貸してくれたのが、この本。

    感想としては、
    「映像化、どうしてこうなった!?」
    です。
    ホラー短編集ですが、読みやすくトラウマになるほど恐ろしくもなく、ミステリアスなお話が好きな方にはおすすめだと思います。

  • 泥臭いこわさ

  • 短編集『NIght Shift』の第一作目。
    初期のキングらしいドロドロとしたホラー描写が色濃く現れており、アメリカンホラー好きにはたまらない。ただちょっとエグイものも。

  • ホラー短編集なんだけど……これって怖いの? と思える作品も。たしかにホラーはホラーなんだけど、「人間圧搾機」なんて爆笑ものだよこれは。映画で観た「トラック」もそうだし。少しツボを外せば、ただの馬鹿話じゃん。こういうのを普通に書けてしまうのが、キングの凄いところかなあ。

全19件中 1 - 10件を表示

スティーヴン・キングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・バッ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ナイトシフト〈1〉深夜勤務 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ナイトシフト〈1〉深夜勤務 (扶桑社ミステリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ナイトシフト〈1〉深夜勤務 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ナイトシフト〈1〉深夜勤務 (扶桑社ミステリー)の作品紹介

16年前に兄を殺した不良少年たちが、当時の姿で転校してきた!高校教師を脅かす悪夢『やつらはときどき帰ってくる』、腐ったビールを飲んで、怪物と化してしまった父親を描く『灰色のかたまり』、血の味にめざめたクリーニング工場の機械がおこす血なまぐさい惨劇『人間圧搾機』、宇宙飛行士の手の中に寄生した異星生物と、その不気味な行動『やつらの出入口』、暗い汚水溜の中、信じられない出来事が連続して起きる『地下室の悪夢』、ラヴクラフトの暗黒世界に挑んだ『呪れた村』など、鬼才キングが若さと才能のすべてをぶつけた傑作短編集『ナイトシフト』ここに登場。

ナイトシフト〈1〉深夜勤務 (扶桑社ミステリー)の文庫

ツイートする