スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)

  • 374人登録
  • 3.65評価
    • (31)
    • (37)
    • (77)
    • (3)
    • (0)
  • 36レビュー
制作 : 矢野 浩三郎 
  • 扶桑社 (1988年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594002848

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正直なところ、霧以外の短篇には入り込めなかった。
    霧は、先に映画ミストを見ていたので、ラストシーンが楽しみだったが、うーん!?って感じ。希望も、絶望も、相半ばか。

  • 2017/04/30
    握手しない男/ウェディング・ギグ/カインの末裔/死神/ほら、虎がいる/霧

    ※以前に読了
    2008/08/12
    スティーヴン・キング短編傑作全集〈1〉骸骨乗組員 (サンケイ文庫―海外ノベルス・シリーズ)

  • 短編&中編集。おおむねホラー寄りだけれど、少し奇妙な物語、という感の一冊です。
    お気に入りは「ほら、虎がいる」。タイトルが印象的というのもありましたが。なんともシュールで独特な雰囲気の作品です。そしてどことはなしにひっそりとした怖さも感じられるような。
    そしてもちろん、中編「霧」が一番の読みごたえある作品。再読ですが、映画化された「ミスト」を観てから再び読むと。恐ろしさは減じないのだけれど、映画に比べるとまったく後味が悪くない……映画はとっても素晴らしいと思ったけど。ラストが衝撃でしたもん。そうか、原作はこういうラストだったなあ、と。映画も小説も、どちらも傑作ですけどね。映画のラストで打ちひしがれた方はぜひ小説版を。

  • 「霧」がやはり秀逸。パニックになった人間の心理をよく表していて、モンスター小説の見本のような作品。

    それと「死神」「ほら、虎がいる」「カインの末裔」も個人的には凄く好み。

    特にカインの末裔は銃乱射事件に影響を与えたと言われているだけあり、短いのに余韻を残す作品だった。

    ホラーに異常な状況は必ずしも必要ではない。
    何気ない日常に一人頭がおかしい人間が紛れ込んだだけで、そこはホラー映画の世界になり得る。

  • 再読。

    なんど読み返しても中編「霧」はいい。
    緊迫感、絶望感に息詰る展開はキングの作品の中で最高峰。
    映画版も原作に負けずに好みの作品。
    結末は原作の方が僅差で好み。

    いつかはアローヘッド計画の一部なりとも明かして欲しいなぁ。

  • 「霧」が秀逸。

  • なんと言っても「霧」!私が小説を読むきっかけになった一冊です。救われない話、、嫌いじゃないです。

  • ■書名

    書名:スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員
    著者:スティーヴン キング

    ■概要

    7月19日のその夜、メイン州西部の全域が、未曽有のはげしい雷雨
    にみまわれた。嵐に脅える住民たち。だが、その後に襲ってきた
    “霧”こそが、真の恐怖だったのだ。その霧は街をおおいつくし、
    人々を閉じこめてしまう。奇怪な霧に閉じこめられた人々の動揺と
    冒険を描く中編『霧』、シカゴのやくざたちの結婚式で演奏した
    ジャズ・バンドの災難『ウェディング・ギグ』、3百年前の鏡台の
    鏡の片隅に映る影『死神』など、恐怖小説の王者が贈る短編傑作
    集『スケルトン・クルー』からの第1弾。
    (From amazon)

    ■感想

    スティーブンキングの短篇集です。
    映画のミストを観て、原作を読んでみたくて結構長い間探していた
    ら、この間たまたまブッ○オフ(名前隠す意味あるのかな・・・)で
    見つけました。
    見つけた瞬間は思わず声をあげましたね。

    で、内容ですが、ミストはかなり原作「霧」に忠実に物語が再現され
    ていたと思います。
    最後は全然違うものとなっていますが、これはこれでお互いいいの
    かもしれません。
    この場合、どちらも違う絶望的なエンディングとなっています。
    この人は、限られた空間での人間心理を描くのが本当にうまいです。
    個人的には、宗教女を殺すあたりは、読んでいる人間の心理をよく分
    かっていると感じました。

    その他の短編は、特にどうというわけではありませんが、一つ一つ
    安定したレベルで読む事ができます。


    このシリーズ、あと2冊あるようなので、古本で見つけたら購入し
    たいです。

  • 霧目的で購入。
    キング作品は好きなんだけど、やっぱりあまり短編は肌に合わないなぁと思う。ミストは映画の方が好き。

  • 4594002846  345p 1999・11・10 20刷
    ◎短編集だが一番ページ数を割いている「霧」が一番ハラハラものです。
    ❌その他の作品は私には意味からしてわからない。

全36件中 1 - 10件を表示

スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)に関連する談話室の質問

スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)の文庫

スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)の文庫

ツイートする