9本指の死体 (扶桑社ミステリー)

  • 12人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 秦 新二 
  • 扶桑社 (1990年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (628ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594005399

9本指の死体 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ニューヨーク市内で修道女の連続レイプ殺人事件が起こる。捜査本部長には女性警部補のディナ、その部下には仲たがいし左遷されていた彼女の父親が選出された。果たして犯人はどのように捕まるのか。

    父娘がなんで仲たがいしているのかの理由を少しずつしか明かさないところとか、親子の物語としては中々おもしろい。でも推理小説としては物足りない。犯人が最初からわかってるのは許せるとしても、途中から冷静さを失って行って自滅するだけだし。

  • お父さんより偉くなちゃった娘刑事が、父親を部下にして猟奇事件の捜査にあたる。

全2件中 1 - 2件を表示

9本指の死体 (扶桑社ミステリー)を本棚に登録しているひと

9本指の死体 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

9本指の死体 (扶桑社ミステリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

9本指の死体 (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする