罠 (扶桑社ミステリー)

  • 13人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : エド ゴーマン  Ed Gorman  白石 朗  大森 望 
  • 扶桑社 (1992年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (656ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594009342

罠 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

  • スリラー小説の原点「追うもの、追われるもの」をテーマに競作したアンソロジー。
    なぜこのテーマなのか。注釈によれば
    「追うものも追われるものも、人間とは限らない。追うものが人でないこともあれば、追われるものが人でないことも、そして両者が人でないこともある」
    編纂者の一人E・ゴーマンが元々ミステリ畑だったのが、その周辺のジャンルにも視野を広げ、何でもありのアンソロジーに仕立てようとした意図が見える。従って純粋にホラー系の作品ばかりでなく、ミステリ、ノワール系のものもある。
    吹雪の夜の農場で、近くの遺伝子研究所から脱走したお化けネズミの集団と戦う破目になった親子<罠>(D・クーンツ)、作者が生んだヒーローの一人、「始末屋ジャック」が活躍する<人生の一日>(F・P・ウィルスン)、月の輝く夜、フロリダの沼地で怪物鰐と死闘を繰り広げる老ハンター「蜥蜴男」<リザードマン>(R・マキャモン)他、全19編収録。

    ……こういう質の高いアンソロジーを、ちょっと売れないからってすぐに絶版にしないで欲しい、とつくづく思う。

全1件中 1 - 1件を表示

罠 (扶桑社ミステリー)の作品紹介

クーンツ、マキャモン、ウィルスンら、20人の人気ホラー作家がスリラー小説の原点「追うもの、追われるもの」をテーマに、競作した書きおろしアンソロジー。吹雪の夜、農場に閉じ込められ、近くの遺伝子研究所から脱走した巨大化したネズミと戦う親子の物語「罠」(D・R・クーンツ)。月の輝く夜、フロリダの沼地に出現した怪物鰐との死闘を描く「老人と海」のパロディ作品「リザードマン」(ロバート・マキャモン)など、いずれ劣らぬ力作ぞろいのストーリーテリングの饗宴。

罠 (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする