定本 ゲーム殺人事件

  • 27人登録
  • 3.46評価
    • (1)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 竹本健治
  • ピンポイント (1992年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594010331

定本 ゲーム殺人事件の感想・レビュー・書評

  • 囲碁殺人事件、将棋殺人事件、トランプ殺人事件のゲーム殺人事件三部作にチェス殺人事件を加えた素敵な一冊。トランプは匣のようで好き。それぞれいいけど、チェスが1番好きかな。

  • なんと
    「囲碁殺人事件」
    「将棋殺人事件」
    「トランプ殺人事件」
    「チェス殺人事件」
    の四つの長編が、
    一冊の本になりました。
    しかも、近くのブックオフで、
    105円で売ってました。
    これは買うべき。
    よく、殺人を、
    ゲームとして、
    扱う人がいますが、
    ―SAWのジグゾーとか―
    それは心理学的に、
    どういう認知処理なのか。
    殺人とは犯罪である。
    そして、犯罪とは、
    人に見つからなければ、
    完全犯罪となり、
    つかまらない。
    そう、それは人生を、
    賭けたゲームなのだ。
    ミステリという、
    ジャンルが繁栄している。
    その理由として、
    トリックの推理、
    犯人あてなどを、
    ゲーム感覚で、
    現代人は行っているからなのでは、
    ないだろうか。

  • イメージ参照(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/5652105.html)
    (収録作品)囲碁殺人事件/将棋殺人事件/トランプ殺人事件/チェス殺人事件

  • 囲碁、将棋、コントラクト・ブリッジ+チェス。
    ゲーム3部作を読破後どうしても欲しくなったので買いました。

全4件中 1 - 4件を表示

定本 ゲーム殺人事件はこんな本です

ツイートする