ナイトホークス〈上〉 (扶桑社ミステリー)

  • 264人登録
  • 3.65評価
    • (13)
    • (33)
    • (37)
    • (3)
    • (0)
  • 22レビュー
制作 : Michael Connelly  古沢 嘉通 
  • 扶桑社 (1992年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594010416

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トム・ロブ スミ...
ドン・ウィンズロ...
マイクル・コナリ...
村上 春樹
マイクル・コナリ...
宮部 みゆき
トム・ロブ スミ...
マイクル・コナリ...
マイクル・コナリ...
ドン・ウィンズロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ナイトホークス〈上〉 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20年ぶりに再読。若い時にはわからなかったものもある。

  • 有名なシリーズモノの一作目。

    ベトナム戦争帰りの刑事、ハリーボッシュ。
    これぞハードボイルドという感じ。
    何だか非常に男臭くて、果たしてこれは面白いのか?と疑う序盤。

    巻の中盤くらいで少しスピードに乗ってくる。
    どうやら恋愛要素もあるみたい。

    何だかありきたりな展開だよなぁ、と今のところ思っています。
    下巻でどうなるか。

  • 最近、昔はまっていた翻訳ミステリーが懐かしくなり、「夜より暗き闇」から再読しはじめたハリー・ボッシュシリーズはやっぱりものすごく面白くて、せっかくだから一作目から読み返すことに。

    P24で、一匹のコヨーテがボッシュの気を引く。小柄な獣で毛皮はみすぼらしく、ところどころ毛がすっかり抜けている。シリーズ初のボッシュとコヨーテの描写だと、心の中でメモをする。

    ボッシュの刑事としての優れた観察眼と推理力にFBI捜査官エレノア・ウィッシュ同様、ぐいぐいと引っ張られ、ボッシュサーガに引き込まれる。

    「偶然なんてものはないんだ」とボッシュが口にするたびに、これは誰かが仕組んだことなのか?
    何かの伏線なのか?
    と心の中にメモをする。
     下巻でそれが解き明かされるのが楽しみ。

  • エドワード・ホッパーが描いた『ナイトホークス』。

  • ハリー・ボッシュ・シリーズ第1作。

    ロサンジェルス市警の刑事ハリー・ボッシュの活躍を描いたミステリ。著者デビュー作とのことで、人物造形が類型的。視点の置き方にもぎこちなさが感じられる。だが、主人公の孤独感が作品全体を包みこみ、独特な雰囲気を醸しだすことに成功している。結末には意表を突かれた。

  • ハリー・ボッシュ(ヒエロニムス・ボッシュ)シリーズ1作目。
    主人公の本名()が後に続くシリーズの大きなテーマになっている。陰鬱な物語の中にある、微かな光が次第に大きな光となっていく。

  • こぶ平のお勧めと思ったら、違った。
    車内吊り広告で、このシリーズの最新刊を見た?

    ありきたり。
    どうして、酒とタバコと女がないと、
    刑事物が書けないのか。
    少し腹ただしくなって読むのを止めようかと思った。

    どころが、どうしたことか、途中から主人公が嫌でなくなる。
    (下へ続く)

  • ンカーン弁護士を読んでからマイクル・コナリーに興味を持った。
    発行順から読んだほうがいいというのでまずは第1作目から。
    相変わらず調べないとわからない単語だらけではあるものの一度興に乗ると一気に読んでしまった。
    以外とハリー・ボッシュはモテる。

  • 読みかけだけど、ハードボイルドは好きじゃないことに気がついた。
    レビューにつられて買ったけど、スピード感もなし、読みにくい。 苦手だった。途中放棄中。

  • 5月16日読了。ボッシュシリーズ1作め。「リンカーン弁護士」と「エコー・パーク」に心ひかれて、1作めから。読みやすい。

全22件中 1 - 10件を表示

ナイトホークス〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ナイトホークス〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

ナイトホークス〈上〉 (扶桑社ミステリー)の作品紹介

ブラック・エコー。地下に張り巡るトンネルの暗闇の中、湿った空虚さの中にこだまする自分の息を兵士たちはこう呼んだ…。パイプの中で死体で発見された、かつての戦友メドーズ。未だヴェトナム戦争の悪夢に悩まされ、眠れぬ夜を過ごす刑事ボッシュにとっては、20年前の悪夢が蘇る。事故死の処理に割り切れなさを感じ捜査を強行したボッシュ。だが、意外にもFBIが介入。メドーズは、未解決の銀行強盗事件の有力容疑者だった。孤独でタフな刑事の孤立無援の捜査と、哀しく意外な真相をクールに描く長編ハードボイルド。

ツイートする