ショック・ロック (扶桑社ミステリー)

  • 17人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : ジェフ ゲルブ  Jeff Gelb  小川 隆  白石 朗 
  • 扶桑社 (1992年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (517ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594010690

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
ディーン・R. ...
スティーヴン キ...
リチャード・バッ...
ジョナサン・キャ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ショック・ロック (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

  • オレゴン州を車で旅行に来たクラークとメアリーの夫婦。彼らは道に迷った挙句、とある町に辿り着く。立ち寄ったレストランのウェイトレスはあのジャニス・ジョプリンだった!彼らが体験する悪夢を描く、S・キング「いかしたバンドのいる街で」、街角の新聞屋で二十年ぶりにジミ・ヘンドリックスを見かけた。“死人のように白い顔色の”彼は、以前住んでいたアパートに戻らなければならない、と繰返す……G・マスタートン「ヴードゥー・チャイルド」他、ロックをテーマに紡ぎ出されたホラー短編20編を収録。

    正直このジャンルにはとんと疎いため(ジョプリンにせよジミヘンにせよ、名前は知っていても曲は聴いたことがない)、一部の超有名人を除いてほとんどわからないロッカーばかり。その分楽しみが若干減ってしまった感があり。ロックとホラーが密接な関係を持つということに関しては何となくわかるような気もするが。逆にその辺りの音楽が好きな読者にはより面白さが味わえる1冊なんだろう。

全1件中 1 - 1件を表示

ショック・ロック (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする