誰かが泣いている (扶桑社ミステリー)

  • 39人登録
  • 2.90評価
    • (0)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : David Martin  渋谷 比佐子 
  • 扶桑社 (1993年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594011246

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トム・ロブ スミ...
パトリシア・コー...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

誰かが泣いている (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

  • 話題となった「嘘、そして沈黙」と同じく何とも形容し難いミステリなのだが、一気に読ませる力量は大したものだ。破綻すれすれのプロットを強引な筋運びで繕っているのだが、もとより緻密なサイコ・スリラー作品が珍しいぐらいなので、標準的な出来かも知れない。
    ニュースキャスターのライアンは、ピューリッツアー賞も受賞したベテランだったが、放送中に涙を抑えきれなくなる失態を犯し、プロ失格の烙印を押されて職を辞する。読み上げた原稿は幼児虐待に関するものだったが、慟哭する理由には思い至らない。直後、怪しい女がライアンに接触を図り、不可解なメッセージを手渡す。或る町で赤ん坊が殺され続けており、その事実を突き止めてほしいというものだった。女は眼前で自殺、異常な事態に戸惑うライアンだったが、このスクープは表舞台に返り咲くチャンスと捉え、事件を追う決意を固める。

    主要な登場人物にまともな者がいない。盲目でありながら狡猾に殺人を続けていく小児科医キンデルの「怪物性」は設定としては常套だが、それよりも主人公の脆弱ぶりが際立っている。社会的正義よりも己の虚栄心を優先させる男で、高潔なジャーナリスト精神は些少。要はその俗物的な〝ヒーロー像〟がアイロニカルに描かれている訳だが、魅力に乏しいことは否めない。結果的に流されるように殺人者と対決するが、最後まで振り回され放しで、どうにも頼りない。物語をストレートに展開させない曲者マーティンの創作スタイルが良くも悪くも表れているようだ。

  • 主人公がいけすかないけど、話は面白い。

全4件中 1 - 4件を表示

誰かが泣いている (扶桑社ミステリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

誰かが泣いている (扶桑社ミステリー)の作品紹介

ピューリッツアー賞を受賞し視聴者の信頼も厚いニュース・キャスターのジョン・ライアン。ある日、彼は幼児虐待のニュースを読みながら涙を抑えることができず、結局番組を降番。その直後ライアンは、自宅前で黒人女性から奇怪なメッセージを手渡される。だが女性は彼の目前でタクシーに飛び込み自殺。衝撃をうけるライアンは、真相を掴もうと田舎町ハメルンへ向かう。そして、そこには18人もの赤ちゃんの殺害を噂される謎の小児科医キンデルがいた…。『嘘、そして沈黙』のマーティンが描く異色サイコ・スリラーの最新作。

誰かが泣いている (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする