髪結いの亭主 (扶桑社ミステリー)

  • 10人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : Patrice Leconte  阪田 由美子 
  • 扶桑社 (1993年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594012717

髪結いの亭主 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

  • パリの宿で置き去りにされていたのを発見して読んでみた。

    けっこう有名なフランス映画を小説化した作品。
    (私はこの映画をまだ観ていない)
    想像していたのと違って性的な場面が多かった。


    閉鎖的で官能的。

  • 映画を観よう観ようと思いつつ、先に原作読んでしまった。結末どうこうというよりも、まったりねっとり感が好き。

  • 知人にこの映画が大好きだという人がいた。レンタルしてまで映画を観ることがないので、原作を読んでみようと思ってブックオフで購入。感想は……うーん、フランスの作品だなあ、っていう感じ(どんな感じだよ!)。全編モノローグで、まったりと語られる、その“まったり感”がおフランスなんですよね。それが大変苦手だったりする私ですが、マティルドの置き手紙には、ちょっとうるっときちゃいました。ただ、こういう理由で命を絶つ人の気持ちが私には理解できなくて、それも「イマイチ」って思ってしまった理由のひとつ。これが映像化されたらどんな感じなんだろうな。やっぱ、まったりしてるんだろうなあ。

全3件中 1 - 3件を表示

髪結いの亭主 (扶桑社ミステリー)を本棚に登録しているひと

髪結いの亭主 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする