古畑任三郎―殺人事件ファイル

  • 68人登録
  • 3.66評価
    • (7)
    • (7)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 三谷幸喜
  • フジテレビ出版 (1994年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (417ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594014704

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
スペンサー ジョ...
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

古畑任三郎―殺人事件ファイルの感想・レビュー・書評

  • ドラマを毎回見てました。小説版の刑事コロンボもよく読みましたが、古畑の模写は一切なく犯人視点で書かれており、古畑の人物像を想像すると面白いですね。

  • ☆$$面白かったが、ノベライズだし・・・。

  • ドラマはそんなに見てなかったんだけども。

    やっぱり古畑のキャラが良い。
    こんなん言われたら誰でも怒るわ。
    それでいて良い話っぽく終わったりするからもう。

  • 覚えてるのは中森明菜が演じてたやつひとつだけだな。
    今泉さんや西園寺くんはいなかった。
    脚本家の三谷さんがそのまま小説化。
    リアリティにかけるなどつっこまれたみたい。
    思いつかぬトリック、知らない分野など面白い。

    2008/12/3

  • だいぶ前に古本屋で発掘。でも読まなかった本。なぜ買ったのかまったく思い出せない(笑)
     一話目の殺された男、田代があんまりにも哀れで、読めなかった。彼に感情移入してしまった。こんなに、尾をちぎれんばかりに振って、かまって? とやってくる男をどうして殺すんだろうかと哀しくなってしまった。
     どことなく自分を重ね合わせてしまうんだよ、こういうのは。
     田代に落ち度はなかったのに(滂沱・・・・・・)
     犯人として面白かったのは、二話目「六代目の犯罪」。ここで樓主は、犯人に共感した。
     最初の方はテレビで見てなかったから、「井口薫のレクイエム」しか知らなかった。

     皆さん、これはテレビの方でよくよく知っていると思うのだが、一応書いておこう。
     古畑任三郎という刑事が刑事コロンボのようにのらくらとしながら犯人を怒らせたりして、真相を突き止めるという話。大抵、最初に犯人を断定して動いているみたいだ。
     テレビでは居た今泉君はここではばっさりと切られ、名前すらでない。
     後書きに出ている筆者の叫びは悲痛(苦笑)


     ?
     

    私が買ったのは、扶桑社文庫のようなのだが。私のメモが間違っているのか?
     

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    天真楼病院中川外科部長が罠と承知で協力した犯行の再現で残した手がかりとは。六代目中村右近が殺人現場から立ち去らずにお茶漬けを食べた結果は。超能力少年黒田聖がイカサマを見破られて打った大博打は成功するか。恋人を殺した少女漫画家小石川ちなみが嵐と突然の来客のおかげで泣くことになった顛末とは。―古畑任三郎が10の謎を解く。

    内容(「MARC」データベースより)
    殺人犯に立ちふさがるバカていねいで奇妙な男。その名も古畑任三郎。この男に嘘をつくのは骨が折れる。フジテレビ系で放送された連続ドラマ「警部補・古畑任三郎」の小説版。古畑任三郎が10の謎を解く。*

  • テレビ見てるので知ってるだけど、食い入るように読んだ。時間が経つのを忘れるほど、楽しかった。

  • 淡々とした駆け引きが面白い。推理モノなのに笑い所が多くてドラマ同様わくわくする。

全9件中 1 - 9件を表示

古畑任三郎―殺人事件ファイルを本棚に登録しているひと

古畑任三郎―殺人事件ファイルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

古畑任三郎―殺人事件ファイルはこんな本です

ツイートする