シークレット・ヒストリー〈上〉 (扶桑社ミステリー)

  • 53人登録
  • 4.10評価
    • (5)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Donna Tartt  吉浦 澄子 
  • 扶桑社 (1994年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (442ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594015152

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・オースタ...
ポール・オースタ...
西 加奈子
村上 春樹
マーセル・セロー
村上 春樹
宮部 みゆき
カズオ イシグロ
有効な右矢印 無効な右矢印

シークレット・ヒストリー〈上〉 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

  • ”美は恐怖である。美をなんと呼ぼうが、それを前にすればわれわれは震えおののく。── p.76”

    ドストエフスキー的なストーリーを、ブレッド・イーストン・エリス的な風俗と登場人物で描く、アメリカン・クライム&パニッシュメント。エリスの作品に頻出し、登場人物を「律する」までに至る「ブランド(品)」は、ここではギリシア語と古典文学。バッコスの蛮行──宗教的エクスタシー──が、6人の学生を捉え、悲劇──ギリシア悲劇のように凄まじく暴力的でありながら美しく、気高く、エレガントな──を導く。

    カリフォルニアから東部の大学に転入してきたリチャードは、学内でも特異な教授法を貫くジュリアン教授率いるギリシア語のゼミナール──極めて閉鎖的なグループのメンバーになることを許される。メンバーはリチャードを入れてたった6人。ヘンリー、フランシス、バニー、チャールズ、カミラ。彼らは全員エリート中のエリートで、リチャード以外、裕福な家庭の子女ばかりであった。

    特異な講義。ジュリアン教授の授業では、現代の道徳と隔絶した古典時代の道徳、思想、精神が熱心に議論される。

    ”ギリシア人はわれわれと大してちがってやしない。彼らは非常に礼儀正しく高度な文明を持ち、抑制のきいた人々であった。にもかかわらず、嵐のような熱狂がしばしば社会全体に吹き荒れた──ダンス、精神錯乱、虐殺、幻影──いずれもわれわれの目からすれば紛れもない狂気そのものだ。それでもギリシア人は──ともかく、そのうち何人かは──その狂気状態に自由に出入りすることができた。

    (中略)

    「認めたくないが」とジュリアンはふたたび語り出す。「われわれのように抑制された人間にとって、自我を失うというものはなにものにも代えがたい魅力がある。真の文明人は──われわれと同様に古代人も──もとからある獣性を強固な意志で抑えつけることによって文明人となったのだ。いま、この部屋にいるわれわれはギリシア人やローマ人とひどくかけ離れているのだろうか? 義務、愛国心、忠誠心、犠牲にとりつかれているあの人々と? 現代の目から見たら、それらはみな冷たくて恐ろしいものなのだろうか?── p.72-73”

    ”「ローマ人の特性は、おそらくそれがローマ人の欠点であったのだろうが」と彼は続けた。「秩序という固定観念に縛りつけられていたことだ。建築、文学、法律、なにを見てもその証拠に事欠かない──曖昧、不合理、混沌は徹底的に否定する。

    外国の宗教にはかなり寛大であったはずのローマ人が、キリスト教だけになぜあれほどの迫害を加えたのは、その理由や簡単だ──一介の罪人が死からよみがえるとは馬鹿馬鹿しいにもほどがある。弟子たちが正餐と称して師の血を飲むとは言語道断というわけだ。その非論理性に彼らは恐怖を覚え、それを粉砕するために全力を傾斜した。いや、実際は恐怖に駆られただけではなく、強く惹きつけられもしたのではないか、だからこそ彼らはあれほど思い切った手段に出たのではないか、と私は考える。── p.74”

    ”ギリシア人はちがう。彼らもローマ人と同じように秩序と左右対称に情熱を燃やしていたが、目に見えない世界、神々の世界を否定する愚かさを知っていた。感情、曖昧さ、野蛮さに一目を置いていたのだ。

    血なまぐさく、恐ろしいものほど時としてもっとも美しいとさっき話していたのを覚えているだろうか? あれこそ、ギリシア人の考えだ。美は恐怖である。美をなんと呼ぼうが、それを前にすればわれわれは震えおののく。ギリシア人やわれわれにとって、完全に自制心を失うほど恐ろしく、かつ美しいものがほかにあるだろうか? 人間としての束縛を一瞬にして投げ捨て、自我に付随する性質を破壊するより恐ろしいことが?

    エウリピデスは酒神バッコスの巫女... 続きを読む

  • 上下巻の感想。

    変わらずに居て欲しい日常から、坂を転げ落ちるように転落していく世界を書ききった話。

    その日常が充実し、華やかであっただけにその後の転落にはなんともいえないものがありますが、引き返す事もできず、かといって未来で補う事もできないもどかしさがあります。

    未来のある話ではないのですが、この本の魅力は、そのもどかしさ以外に、登場人物達にもあります。きっともっとつきぬけた悪人だったら切って捨ててしまったかもしれない話なのですが、感情面の描写が言葉、行動、しぐさからもれ出ていて、それが気配を感じるくらい濃厚で肉迫したものになっています。そういう有無を言わさない迫力があるため、翻弄されながらも最後まで読んでしまった本でした。

    転落していく推移も醍醐味として楽しめる人にはお勧めだと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

シークレット・ヒストリー〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シークレット・ヒストリー〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

シークレット・ヒストリー〈上〉 (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする