さよならは言わないで〈上〉 (扶桑社ミステリー)

  • 69人登録
  • 3.63評価
    • (4)
    • (8)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Robert Goddard  奥村 章子 
  • 扶桑社 (1994年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594015657

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート ゴダー...
ロバート・ゴダー...
ロバート ゴダー...
ロバート・ゴダー...
ロバート・ゴダー...
トマス・H. ク...
トマス・H. ク...
ロバート ゴダー...
ロバート ゴダー...
トマス・H. ク...
ロバート ゴダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

さよならは言わないで〈上〉 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

  • 最近の東野圭吾や海堂尊になれてると、かなり展開の遅さ(じれったさ)にやきもきする。

  • 奥さんから借りてた最後の1作。
    もうーイライラしてたまりません(笑)!
    この人の本はこれで3作目。毎回キー!っとなる部分があるのですが、今回は前2作を遙かに上回る腹立たしさ。隅から隅まで腹が立ちます。
    主人公が間抜けで間抜けで。間抜けはいいとしたってやることなすことあほ丸出しな躓き具合で、いくらなんでもいい加減学習してくださいと三つ指ついて土下座して頼み込みたくなるほどです。何でこんなにあほなのこの人!!
    グダグダ言い訳ばっかりしてねー、過去の分析も甘い上に現状認識も乏しいらしく、さらに悪いことに先を読むという能力にも欠陥があるようです。12歳の女の子の指示の方がよっぽど当を得てるよ!
    聞き取りに行った先では気がはやる余りか手順を間違え相手の不信感を買い、協力しないといけない相手には一方的に全く根拠のない怒りを発散しようと愚鈍な発言をしたそのせいで取り返しの付かない亀裂を起こし、一つ些末な出来事にかかずらったら大事な話を忘れ…と忍耐力のなさで同じような失敗ばかりを繰り返します。
    あーもう腹が立つ!

  • ゴダードのかなりロマンチックな推理小説です。登場人物が魅力的なので、いつもより楽しんで読めました。

  • ロバート・ゴダードの作品には歴史の重みと香りを感じる。迫力ある大河ドラマ。

  • 『千尋の闇』を読んでからというもの、「おぉ!この作家面白れぇ!!」と邦訳一連読み倒したけど、これが一番好きだったかも。とても分かりやすい愛と裏切りのドラマ。

全6件中 1 - 6件を表示

さよならは言わないで〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さよならは言わないで〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする