ラスト・コヨーテ〈下〉 (扶桑社ミステリー)

  • 133人登録
  • 3.79評価
    • (7)
    • (23)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : Michael Connelly  古沢 嘉通 
  • 扶桑社 (1996年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594020019

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トム・ロブ スミ...
トム・ロブ スミ...
トム・ロブ スミ...
マイクル・コナリ...
ドン・ウィンズロ...
パトリシア・コー...
マイクル・コナリ...
マイクル・コナリ...
ジェフリー ディ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ラスト・コヨーテ〈下〉 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

  • 停職 精神分析 セッション マージョリー・ロウ殺し 追及 犯人 どんでん返し

  • ターニングポイントとなるハリー・ボッシュシリーズ第4弾。主人公はハリウッド署殺人課に所属する一刑事に過ぎないが、コナリーは群れること嫌う「一匹狼」的な存在として描いてきた。
    本作は、第1作から伏線としてあったボッシュの母親の死の真相を追い求める物語で、これまで以上の私闘を繰り広げている。上司への暴力行為で休職処分となったことを機に、30年以上前の未解決事件を再捜査するのだが、埋もれた過去から浮かび上がってくる事実は、当然のこと痛みを伴う。娼婦であるがために引き離された息子と再び暮らすことを夢見ていた母親の思いを知るほどに、ボッシュは殺人者への憎しみを深める。
    事件の性質上、全編がボッシュの単独捜査となり、より一層孤立感は深まっている。途上でボッシュの闇とも共鳴する女との情愛も挿入しているが、ロマンスの色合いは随分とくすんでいる。終盤において、愛する者の死さえも無常なる社会では泡沫にしか過ぎないことを、悔恨とともにあらためて悟るボッシュの姿が哀しい。

    本筋とは直接関係ないが、ボッシュが野性のコヨーテと出会い、荒廃した自らの心象をダブらせるシーンは、静謐ながらも熱い心根を持つ孤独な男の心情を見事に表現している。恐らく生息地域による設定であろうが、強靱で孤高の力強さを想起させる狼ではなく、共通する部分はありながらも、より小型で寂寥感のあるコヨーテをモチーフにしたところに、コナリーのこだわりを感じる。
    生存環境を奪われていくコヨーテ。闇に逃れつつも、蝕まれた世界を凝視する眼光。生き続けるための原動力となる餓えと渇き。そのイメージは、卑しい街で不条理な「死」と向き合い続けるしかない一人の男へと繋がっていくのである。

    現代ハードボイルドの新たな地平を開くパイオニアとしてのマイクル・コナリーの存在意義は大きい。

  • 十二分に面白いが、最後のちょっとばかし現実離れした展開がなければ、シリーズ屈指の大傑作になっていたであろう点が、どうにも悔やまれる。

  • 第1作目のナイトホークスから順に読み返してきたからこそ、存分に本作を堪能できたと感じた。

    下巻に入ってからは終始驚かされっぱなしで、緊張感みなぎる圧巻の読み応えで、あまりのおもしろさに圧倒され、一気に読み終えてしまった。

    ボッシュがパウンズのバッチをこっそり持ち出したり、パウンズの名前を騙って情報を入手したり、相変わらずいろいろ無茶なことをやってくれるので、ハラハラさせられたが、期せずして、ゴードン・ミテルのパーティーに潜り込むこととなったボッシュが、その場しのぎでした記帳が、恐ろしい悲劇を引き起こす種となってしまったのには衝撃を受けた。

    蒔いた種しか生えない。
    この予期せぬ悲劇の種を蒔いたのは、間違いなくボッシュであり、ボッシュはこの原罪と今後どのように向き合っていくのだろう・・・

    母の仇と匂わしていたコンクリンの独白に驚かされ、ミテルとボッシュの対決が壮絶で驚かされ、ミテルのボディーガード、ジョナサン・ヴォーンの正体に驚かされ、凶器のベルトに付いていた証拠の指紋とミテルの指紋が一致しないことに驚かされ、意外なところから指紋の持ち主が割り出されたのにも驚かされ・・・

    ハリー・ボッシュシリーズ一期のクライマックス感を堪能できた。

  • はまっちゃいました。

  • (上から続く)
    それにしても、相変わらず女にもてすぎ。
    そのもてる理由は、
    ただ単にハードボイルドだから、ということではなく、
    主人公が孤独に生きてきたという割には、
    女性に対してナイーブなところがあるからだ、という作者の設定がある気がしてきた。
    だんだん、洗脳されてきたのか。

    そして、
    今回の話でもっとも残念なのは、眺めの良い家がなくなってしまったことかな。

  • 10月15日読了。おもしろかった!

  • ボッシュシリーズ第一部、完結といった趣。

  • ボッシュ第4弾。コナリー4作目。

  • ロサンジェルスを舞台にしたハードボイルド小説。一匹狼のボッシュの持つ体制の歯向かう強さ・優しさ・信念・・・魅力です。中盤からの話の展開にのめり込み、一気に読んでしまいました。

全11件中 1 - 11件を表示

ラスト・コヨーテ〈下〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ラスト・コヨーテ〈下〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラスト・コヨーテ〈下〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする