オンリー・チャイルド (扶桑社ミステリー)

  • 156人登録
  • 3.46評価
    • (9)
    • (15)
    • (27)
    • (3)
    • (2)
  • 15レビュー
制作 : Jack Ketchum  有沢 善樹 
  • 扶桑社 (1997年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594022716

オンリー・チャイルド (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

  • 生理的嫌悪感を容赦無く抉ってくる。

    怖いのは、これは小説だが、世の中には
    これに近い狂気が存在する事だ。そして、
    自分が持つ正義感が通用しない絶望感。
    どれを取っても、後味の悪さを残すのである。

  • リディアがどれほど訴えたところで、ロバートは奪われ、虐待者の自由に出入りできる場所に置かれてしまう。
    これは法律で決まっていることなのだ、これに従わないのは法律違反だ、と言われて、リディアはとうとう実力行使に出てしまう。
    どうしてそれが実刑判決なのか。情状酌量の余地ってものはないのか。
    それでも、とリディアは自分を慰める。自分の息子を苦しめるものはもういないのだと。

  • 個人的には『隣の家の少女』より後味が悪い本

  • 相変わらず読んでいて気分が悪くなるけれど。
    そして、世の中とはこんなもんなんだろうけれど。

  • ケッチャムの中でも1番まともじゃないかと思います。
    父親の異常さがリアル。
    後半は裁判モノのような感じ。
    ケッチャムにハマッてた時に友達に貸したら
    引いてました(泣)

  • 描写の生々しさとコワさでは「隣の家の少女」が上かな?

  • イライラした。
    父親に凄いイライラした。

    悪い事が起きて、
    良い事が起きて、
    もっと悪い事が起きて、
    みたいな作品

    ちょっと気を抜くと、突き落とされる

  • 凹みます。
    泣けます。
    それがまたイイ。
    コレはもはやケッチャム中毒です。

  • 父親に虐待される子供、子供を守ろうとする母親。内容が重い上ラストがラストので読後感はよくない。けれど、面白いと思う。

  • 暴力的で変質的で殺人犯の夫から息子を守るために闘う妻。
    児童虐待が大きなテーマになってて、法廷の辛気臭ささにイライラさせられた。
    今回もまた読者を裏切りつづけてくれる作品だったので満足。

  • 子供は、無力ながら愛する親を守るため(だけ)に必死で生きている。日本でもどんどん深刻になっている(昔からそうなのかも。最近表面化するようになっただけで)虐待事件を見るにつけ、この話を思い出します。子供は親を守りたい。愛するものを力の限り守ってるんだと思います。

  • 自分に子供ができても、こういう風になったらと考えると吐ける。虐待のおはなしと言われているが違うと感じた。

  • 結婚した相手を見限った途端に、息子の妙な兆候に気づく母。最低なオッサンです。吐き気と涙で、子供を持ってる人には辛すぎる話。

  • 相変わらず鬼畜な話だ。

    幼児虐待ものとでも言うのかな。
    で裁判ものになって、最後はやはり後味悪し。

    今までの中では、一番余韻があったかな。すこぶる嫌な余韻だけど。
    ちょっと『ブラジルからきた少年』を思い出した。
    かなり主人公に同情する話だけど、やはり救いがない。全くない。

    途中、いきなりシリアルキラーが入りこんでくるけど、なんとなく宙ぶらりん。
    いや、それはわざとなのかな?
    生き残った犠牲者が安心できず、そんな人間は沢山うろついている、ということを表しているのかな。
    なんとなく、キャラクターそれぞれのバックストーリーへの踏みこみが足りない気がする。
    その場の説明のためだけの設定っぽく感じるところもあった。
    それがどうなるの、とドキドキ思わせといてけっこう肩透かし。それがちょい残念。

    ケッチャム作品の特徴は、逃げ場がないということ。
    『隣の家の少女』は地下、『ロード・キル』は自動車。
    この『オンリー・チャイルド』は閉じ込められてるわけではないけど、子供と言うやはり逃げられない立場。
    逃げ回るのと同様、逃げられないのも恐怖の定石。
    完全に受動的になっちゃうから、ひじょうにプレッシャーを感じる。

    一気に読み終えないと安心できない。
    読み終えてもほっとできないのがケッチャムの凄いところ。

全15件中 1 - 15件を表示

オンリー・チャイルド (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オンリー・チャイルド (扶桑社ミステリー)のKindle版

ツイートする