第六級暴力殺人―女検死官ジェシカ・コラン・シリーズ (扶桑社ミステリー)

  • 35人登録
  • 3.71評価
    • (4)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Robert W. Walker  瓜生 知寿子 
  • 扶桑社 (1997年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594024031

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
有効な右矢印 無効な右矢印

第六級暴力殺人―女検死官ジェシカ・コラン・シリーズ (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

  •  杖をつき、少しやつれた面持ちの美貌で長身の検察医ジェシカ・コラン。
     マサティックが気持ち悪いなーと思いつつ、今までヒーローがやってきたポジションにジェシカが立つと居心地悪く感じるのは何故なんだろう。
     女役とヒーロー役は両立しないのかしら。

     つか、これ読んでると美女なんてなるもんじゃないなーと思います。今更なれないけど。
     そして、仕事ができてイケメンな男はモテるし格好いいのに、女性であれば足を引っ張られ妬まれ、犯人には狙われる。なんだろうか。女性であることは呪いなんだろうか。

  • 女性を生きたまま切り裂き、その肉をむさぼり食らう現代の食屍鬼を
    逮捕するために
    女検視官がどう向かっていくのか。。。
    シリーズ第二弾

  • ジェシカ・コラン第二作目 犯人「かぎ爪」との戦い 意外な人物が犯人!”羊たちの沈黙”的な作品。猟奇物好きにはたまらない作品。

  • 今度は「カギ爪」と呼ばれる殺人鬼との戦い。
    相変わらず、リアルな描写です……

全4件中 1 - 4件を表示

第六級暴力殺人―女検死官ジェシカ・コラン・シリーズ (扶桑社ミステリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

第六級暴力殺人―女検死官ジェシカ・コラン・シリーズ (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

第六級暴力殺人―女検死官ジェシカ・コラン・シリーズ (扶桑社ミステリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

第六級暴力殺人―女検死官ジェシカ・コラン・シリーズ (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする