トランク・ミュージック〈上〉 (扶桑社ミステリー)

  • 123人登録
  • 3.63評価
    • (6)
    • (14)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : Michael Connelly  古沢 嘉通 
  • 扶桑社 (1998年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594025137

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリシア・コー...
マイクル・コナリ...
ドン・ウィンズロ...
マイクル・コナリ...
トム・ロブ スミ...
マイクル・コナリ...
ジェフリー ディ...
マイクル・コナリ...
マイクル・コナリ...
トム・ロブ スミ...
トム・ロブ スミ...
有効な右矢印 無効な右矢印

トランク・ミュージック〈上〉 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハリー・ボッシュ・シリーズ第5作。

    ボッシュは久しぶりに殺人課に復帰し、さっそく映画プロデューサーの殺人事件を捜査することになった。手がかりを求めて訪れたラスヴェガスで思いがけない人物と再会し……。

    一匹狼だったボッシュが、上司や仲間に助けられながら活動する姿が新鮮だった。前作で過去に向き合ったことでなにかがふっ切れたのかもしれない。終盤には嬉しい展開が♪

  • ハードボイルドだと思ってこのシリーズを読んできたが、
    どうも違ったらしい。
    主人公が結婚するなんて!
    ストーリー展開のために、主人公のキャラクター無視してません?
    確かに、意外な展開で、かつ意味のある行動でしたけど。

    (下巻に続く)

  • 12月01日読了。元彼女の登場にビックリした!

  • 過去を清算した前作で一区切りついたのか、本作品はシリーズして見ると第二章というか、新しい展開の印象がある。新しい上司、新しいチーム。現場復帰したことに喜びを見出し、エレノアとの再会もあって、オンオフともに充実しまくりのボッシュ──どうもイメージではない。でもこのスタイルでいくなら慣れるしかない。モヤモヤを払拭するだけの面白味ある事件ならばなおよかったのだが、それがそうでもないので一気読みというわけにはいかず。

    ショウビズとベガス。二流三流レベルの世界で儲けた金に群がる人間たちの間で事件は起こる。序盤までは面白かったのだが、舞台がベガスに移ったあたりからどことなく都合のいい展開が目につき始め、いい感じで集中できない。内部監査チームが乗り込んでくるところも無理っぽい。個人的には、お約束の立場逆転シーンをもってこなくても、ボッシュのイメージやスタイルに対する読者の印象は変わらないと思うのだが。

    とは言っても、これみなコナリーのハイレベルな筆力を踏まえての評価なので、ブツブツ文句を言ってもその水準は相変わらず素晴らしいのだ。

  • マイクル・コナリーの人気のボッシュのシリーズです。今回は、ラスベガスが舞台の中心になります。もともとハリウッド署という華やかなところにいるボッシュですが、以前は、暗い印象があったのですが、今回は映画化を意識しているかのような、派手な内容だなと思いました。

  • ボッシュを久しぶりに堪能。今作品はあまり精神的複雑さが少なく、お話が少々複雑。日本では聞いた記憶のない「トランク・ミュージック」な殺人事件。アメリカではかなりメジャーな殺人方法らしい。

  • ボッシュ第5弾。コナリー6作目。

全7件中 1 - 7件を表示

トランク・ミュージック〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トランク・ミュージック〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トランク・ミュージック〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トランク・ミュージック〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする