かっこいいスキヤキ (扶桑社文庫)

  • 330人登録
  • 3.59評価
    • (40)
    • (33)
    • (66)
    • (10)
    • (6)
  • 43レビュー
制作 : 泉 昌之 
  • 扶桑社 (1998年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594025779

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
久住 昌之
久住 昌之
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

かっこいいスキヤキ (扶桑社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 伝説の「夜行」を収録。「夜行列車での駅弁の食べ方」をひたすら描く作品がこれほど面白いのは、作者の食への執着ゆえか。同時収録「最後の晩餐」もいい。

  • すき焼きは、男の戦場w

  • 永遠のマンネリ作家ではあるけれど、食い物ネタを描かせたら並ぶもののないく下らなさを誇る泉昌之の原点。私は、雑誌ガロに掲載されていたスキヤキを喰う漫画「最後の晩餐」を本屋で立ち読みしたとき、あまりの面白さに店頭で大爆笑して人目を引いてしまった経験を持つ。当時はギャグ漫画の革命だと感動した。久住昌之の発想力と泉晴紀の歪んだ画力がタッグを組んだ「泉昌之」の傑作短編集。

  • クソ。最初の『夜行』のそこそこの面白さをどんどん差っ引いて、最後にはマイナスに突入するようなクソっぷりを見せつける作品集。百歩譲っても、やっぱり古い作品だと思った。『孤独のグルメ』まで昇華される、遥か以前の旧石器時代みたいな内容です。期待した自分の方が悪かったのかも。平たく言って、全部スベってます。なるほど!!!

  • ザ・ガロ画風。
    中島らもがエッセイで「夜行」について書いていたので、興味を持って手に取る。

    久住昌之ってなんだか見覚えがあるなぁと思っていたら、「孤独のグルメ」の原作者だ!
    これでおもしろくないはずがない。
    久住氏の「独特な」視点(重箱の隅的自意識過剰)と、泉氏の「独特な」画風(無駄な迫力!)ですさまじいグルーヴである。
    「これでもか、これでもか」と畳み掛けられる「プロレスの鬼」も傑作。
    プロレスは全然知らないけど。

    やっぱり中島らもは偉大なる先人だ。

  • 本棚よりランダム再読。

    くだらないけど面白い。

  • ハードボイルドを突き詰めると実にユーモラスになるなあ。

  • ARM JOEには笑った。あとはしょうもない感じ。

  • 夜行の最後は衝撃。これはつらい。

  • すきやきたべたいなあ

全43件中 1 - 10件を表示

かっこいいスキヤキ (扶桑社文庫)に関連する談話室の質問

かっこいいスキヤキ (扶桑社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かっこいいスキヤキ (扶桑社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かっこいいスキヤキ (扶桑社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

かっこいいスキヤキ (扶桑社文庫)のKindle版

かっこいいスキヤキ (扶桑社文庫)のコミック

かっこいいスキヤキ (扶桑社文庫)のコミック

ツイートする