毛沢東秘録〈下〉

  • 61人登録
  • 3.92評価
    • (4)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 産経新聞ニュースサービス (1999年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594028060

毛沢東秘録〈下〉の感想・レビュー・書評

  • 林彪の不安、焦り、失脚、そして周恩来への4人組の執拗な攻撃、毛沢東自身が選んだ林彪或いは王洪文への迷い、人間模様が実に鮮明にかかれ、謎が解けたようにむしゃぼるように読みましたが、いずれも中国人が書いた書物からの引用。何が本当の真実なのかは、今となっては不明な気がします。所詮は中国で書ける範囲の事実しか書いていないのでしょうから。全ては4人組を悪者にしてしまった可能性があります。しかし面白かったです。

  • 毛沢東を巡る中国共産党の歴史を秘話という 形で纏めたドキュメンタリー作品。全編は六 部構成。始まりは毛沢東が文化大革命を決意 するに至った経緯より。文化大革命時、劉少 奇の失脚に伴い台頭した林彪の突然の国外逃 亡。その後周恩来と鄧小平に対抗するべく四 人組を形成して対抗する江青。そして周恩来 と毛沢東の相次ぐ死を迎えて四人組逮捕を含 めた、中国共産党最高権力を巡る最後の熾烈 な闘争。食うか食われるか想像を絶する壮絶 なる権力闘争と毛沢東の孤独を歴史の史実の 裏側に潜む真実とともに新聞記者ならではの 視点にて一気に切り崩す。手に汗握る知と知 の攻防。真実は小説より奇なり!

  • 卒論完成のための骨組み

全3件中 1 - 3件を表示

毛沢東秘録〈下〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

毛沢東秘録〈下〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

毛沢東秘録〈下〉はこんな本です

ツイートする