幻のヴァイオリン

  • 15人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
制作 : Anne Rice  浅羽 莢子 
  • 扶桑社 (1999年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594028374

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アン ライス
有効な右矢印 無効な右矢印

幻のヴァイオリンの感想・レビュー・書評

  • 内容云々よりも、この文章、無駄の無い言葉の羅列に遥に驚かされる。
    原作者の才能はもちろんのこと、翻訳者の才能でもあるのだろう。

    私はアン・ライスという人物を「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」で知った。
    どこかで「男気のある人」というような言い方をされてたように思うのだが、実にその通りだと、最初の「発端」を読んでから本編に入ってすぐに気付いた。この人にはやり遂げる自信があるのだ。そして、その自信に見合う能力が実際にある。
    なんて芯が強くて素敵な人なんだろう。
    すっかり虜にされそう!

全1件中 1 - 1件を表示

アン・ライスの作品一覧

アン・ライスの作品ランキング・新刊情報

幻のヴァイオリンの作品紹介

名はトリアナ・ベッカー。夫を喪い、その遺体とともに屋敷に閉じこもる彼女の前に、長い黒髪の若きヴァイオリニストがあらわれた。その音楽は、トリアナの心を徐々に裸にしていく。家族との確執、最愛の妹の失踪、アル中で死んだ母、幼くして命を奪われた娘…そしていままた夫を亡くし、トリアナは生きる苦しみにさいなまれていた。ヴァイオリニストとの葛藤の果てに、そのストラディヴァリウスを奪い取ったトリアナは、時を超えた!楽聖の時代へ、ヴァイオリニストが生きた真実を見るために-。アン・ライスが、自らの人生の苦悩をこめて築いた、感動の幻想小説。

幻のヴァイオリンはこんな本です

幻のヴァイオリンのカセット

幻のヴァイオリンのハードカバー

幻のヴァイオリンのマスマーケット

ツイートする