孤独のグルメ (扶桑社文庫)

  • 1631人登録
  • 3.94評価
    • (247)
    • (209)
    • (250)
    • (9)
    • (7)
  • 252レビュー
  • 扶桑社 (2000年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594028565

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
こうの 史代
ほし よりこ
吾妻 ひでお
杉浦 日向子
有効な右矢印 無効な右矢印

孤独のグルメ (扶桑社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ゴローちゃんがひたすら食べるのを眺める簡単なお仕事。
    どうしてもドラマの音声で脳内再生されます。美味しそう。

  • 私の食事観に大きな影響を与えた1冊。d○ncyuのキャッチコピーには「食こそエンターテインメント」とあるけど、同時に食とは大いなるヒーリングだ。欠乏感を満たしていく行為だ。
    ところで、「ぼっち飯」という言葉が嫌いです。一人で食べることはそんなに寂しくてやりきれないものなのか。そう思ってるとしたらその考え自体が寂しいので、今度からぜひ「孤独のグルメ」と呼びましょう。主人公の名言を挙げておきます。
    「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず 自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ 独りで静かで豊かで・・・」
    私の座右の銘みたいなもんである。

  • 「文庫版!そういうのもあるのか」と思い、購入しました。ドラマは観たことがあったのですが、原作はこれが初です。
    最近はグルメマンガが増えていますが、この作品は異質です。”孤独の”グルメだけあって、ハードボイルドや哀愁が漂う食事風景になんだか切なくなります。しかし、孤独であっても食事を楽しんでいる様に、大勢での食事では味わえない自由さが感じられます。つまり、「一人ご飯って寂しいけど好き勝手できて楽だし美味しいよね!」ということが渋く描かれた作品です。
    もちろん食欲も刺激されます。私はうな丼と湯葉がひじょーーに食べたくなりました。夏なので丑の日にでも食べようと思います。

  • こ、これは名作なのでは…!
    って、知ってる人にとっては何を今更!なんでしょうが勢い余って★5つ。
    結婚してからはひとりで遊ぶことが減ったが、学生時代の外出は、デート:ひとり:友達と=4:4:2くらいだったと思う。その真ん中の4の時間を思い出させる。もちろん主人公(輸入雑貨の貿易商を個人で営む独身中年男性)と学生時代の私とは違う点だらけだけど、ひとりで外で何か食べるのが生活の一部になっているとき、半分自覚的、半分無自覚に、醸成されていく「外食」(作中にはコンビニ飯も含まれてましたが)に対するこだわりって、ありますよね〜!とぶんぶん首肯しながら読んだ。別にグルメってわけじゃなくて。

    作中には、主人公の「結婚同様 店なんかヘタに持つと守るものが増えそうで人生が重たくなる 男は基本的に体ひとつでいたい」なんていう自分に酔っちゃってそうな渋い独白があったりするのだが、原作者によるあとがきの、「理想は野武士なんだけど全然そうなれない自分」の姿を読むと、現代日本でのリアリティを保つというルールのなかでめいっぱい、こんな男の人生なかなかいいよね!っていう理想を主人公に託してるんかなー、と思った。異性なので気にならなかったが、これの女性版を想像してみたら、面白くするポイントは、主人公女性をかっこよくし過ぎないことだなと思う。理想を託すのも難しい。

  • ずっと気になっていました。

    たまたま、近所の本屋さんで見つけて衝動買い。
    谷口ジローさんの画が好きなんで。
    なんとも不思議に面白い漫画でした。

    お話は。主人公は中年と覚しき男性で、個人で輸入雑貨取引の商売をしているビジネスマン。言ってみれば生業からして孤独な訳ですね。
    商売柄、色んなところに出歩く。
    短編の連作。毎回いろんな場所で、いつもごはんを食べ逃して、店を探して、入って、食べる。
    美味しかったりそうでもなかったりする。
    食べるものは大抵高くはない。ざっかけない食事。しかも下戸の設定。
    で・・・それでおしまい。
    ただそれだけのお話だけど、その土地の雰囲気なり店の感じなりそのときどきの心情なりが、繊細に独りがたりと画で綴られます。
    心情と言っても、大げさにドラマチックだったり感傷的なものは一切なく、「こういうタイプの店か・・・」とか「いくら丼も良いが今の気分ではない・・・」と言ったもの。
    雰囲気だけじゃんと言われればその通りなんだけど、言ってみれば潔いいまでの、「中身の無さ」が、狙いのハードボイルドというか。
    意味や感傷を徹底して排除していることが、すごく爽やかな表現というか。
    主人公は基本的にどうしようもなく、どちらかというとネクラなんですね。
    そして、悲しいかな知的なんですねぇ。
    それが、主人公常に孤独飯なんで、何の幸せでもないんですけどね。
    でも独りでひっそり食べる食事の瞬間の、密やかな幸福感というか、孤独をひっそり抱きしめたくなる感じなんですねえ。

    うーん。悪くないんですね。

    こういう漫画が物凄く売れちゃう国。そう考えると、僕は日本が好きですねえ。うん。

  • 井之頭五郎
    ひたすら食べる食べる食べる。
    飲まず(下戸)に食べる。
    見事に食べる。
    食べてる時は誰にも邪魔されたくない。

  • 一話完結方式なので、息抜きに読めて面白い。

  • 一話完結なのでちょっとした息抜きにさらっと読めて面白い。
    主人公の食事に対する真摯な姿勢に好感が持てます。と同時に、その真剣さがシュールな笑いを生みだしてます。
    そしてなにより主人公が食べる食事の美味しそうなこと。
    何度読み返しても料理が出てくるシーンはワクワクします。
    家族みんなにおすすめしたところ、父が特に気に入ってました。

  • ずっと読んでみたいなーと思っていたら、文庫版があったので、買ってみました。

    一人てご飯食べるのって、ちょっとさみしいけど、わくわくします。

  • 例によって借り物。

    1人でもご飯を楽しむことができる人にはスッと入ってくると思う。

    最後にはほんのりほむらさんテイストを感じた…。


    食べることって大切だ。

  • ネットのおもしろ画像集的なので存在を知ったのだが、ホンマにこんなやとは…!流れる空気や間が絶妙。
    白飯がっつきたくなる。
    玄米派の俺だが、この漫画のせいで白米を久しぶりに買った。
    うまい。
    今度はコンビーフ缶まるかじりに挑戦だッ。

  • 昨年、長距離バスの中で読むために購入。主人公が美味しかったと言う時もあれば、不味かったと正直に表現する時もあり、独特の雰囲気に吸い込まれた一冊でした。

  • 松重さんのドラマを見て、こちらも読了。こっちはこっちで雰囲気があるね。

  • 食事って素晴らしい。食べるもの、場所、雰囲気…本当に良い食事って人にとって癒しですね。

  • 独りの男がただひたすら本能の赴くままに食べるというマンガ。

    夜中のテレビ番組を見ていたので買ってみたが、どうしてもテレビ版の主演である松重豊のイメージが強く残ってしまって、本に出てくる主人公の存在が薄く感じてしまった点が残念…。

  • 何回読んでもいい
    あ~お腹が空いてきた

    明日は何食べよ

  • いちいちさ、表情がさ、

  •  原作者の久住昌之については『食の軍師』で知っていたが、ドラマのSeason2開始前に周囲でプッシュされていたのを機にドラマを観て、先にドラマにハマりました。

     原作マンガである本作と読み比べて感じたのは、ドラマよりも本作の方が繊細だということでした。
     ドラマのSeason2はほぼテンプレ化された展開で、料理そのもののおいしさもさることながら、料理を美味そうに食べる松重豊にウェイトが置かれています。これに対し、本作では食事に対する主人公のこだわりやポリシー・美学といったものに重きが置かれています。そういう意味では、原作の方は少し『食の軍師』寄りと言えるかもしれません。
     原作とドラマ、それぞれの味わいと面白さがあるので、両方楽しむのがオススメです。

    (※新装版には追加のエピソードとインタビューが載っているので、そちらをオススメします)

  • ちょうどひとり旅の新幹線で読んだのでひとりメシのときに考えることに共感。あまり器用にコミュニケーションを取れない主人公の姿に自分を重ねてみたり。

  • 「孤独のグルメ」いいです!僕も他の地方へ出張とか大会参加で行った時には「孤独のグルメ」を楽しむのが好きです。「あとがきにかえて」で久住さんが書かれていますが、僕も「野武士」のようには振る舞えない質です。なんかお店の人に気を遣って「早く頼まなきゃ」とか思って慌てて注文入れて、あとからもっと食べたいものが見つかったりしてしょげることがしばしばあります。優柔不断でメニューをなかなか決められないっていうのも影響してますし。
    「孤独のグルメ」は「なんでこんなん頼んじゃったんだろ」とか「あちゃ~トンデもない店入っちゃった」という場合も「自己責任」ですから、それはそれなりに楽しめます。時に今は「ツイッター」なんて便利なものがあるので、その場で「発信」することができるようになりました。でも僕は「ガックシきた」時にはその気持ちは書かないようにしています。なんかあとからお店の人に追いかけられたら嫌だなとか想像しちゃうんですよね。
    僕は誰かと食事するの苦手。会社のお昼も一人です。最近は金がなくて金がなくて「神田の街にぶらっ」と出掛けられなくて寂しい思いをしていますが、基本的に「孤独の非グルメ」なんですな。
    books222

  • 一人で入る勇気がないとか、周りにどう見られてるとかで「孤独のグルメ」ができない人。まずは読んでみてください。
    http://www.ne.jp/asahi/behere/now/newpage043.htm

  • 息子に教えられて購入。「坊ちゃんの時代」で谷口氏の漫画は馴染みがあったので、本書も読んでみようという動機になった。あとがきを読んで、主人公が井之頭五郎っていう名前に驚き。昭和の雰囲気、食べるということを主題にした漫画、いいねぇ〜。第12話のハンバーグランチで店主の横暴さに怒りを爆発させたシーンが印象的で胸のすく思いがした。

  • ・東京都台東区山谷のぶた肉いためライス
    山谷?
    三ノ輪の方なんだ。
    場違いなところでメシ食うの嫌じゃないか?

    ・東京都武蔵野市吉祥寺の廻転寿司
    今と当時の吉祥寺って違うのかな?
    ろくでなしブルースの頃のイメージと、
    現在の、
    住みたい街NO1との差があるよね。
    と、
    声が届かない時って嫌よね。。。
    回転寿司で回転してない方が新鮮で美味しいに決まってるしな。
    しかし、
    声が通らないのは嫌じゃ!

    ・東京都台東区浅草の豆かん
    豆かん?
    豆とかんてんか!
    美味いのか!

    ・東京都北区赤羽の鰻丼
    朝9時からやってる飲み屋!
    あるよ!
    朝酒昼酒ってどこでもやってるよ!
    当時はなかったのか?

    ・群馬県高崎市の焼きまんじゅう
    あんいり食べたい

    ・東京発新幹線ひかり55号のシュウマイ
    知ってる!
    このシュウマイ弁当知ってる!
    美味しいのよね!
    でも、
    電車の中はアカンやつ。

    ・大阪府大阪市北区中津のたこやき
    どこでも美味しいっていうけど、
    本当に大阪のたこやきに外れはないの?
    行ってみたいが億劫なんですよねぇ。。。

    ・京浜工業地帯を経て川崎セメント通りの焼き肉
    1人で行ったことないんですよね焼き肉。
    つか、
    高いんですもん!
    肉買ってきて家で焼くわ!
    と、
    思うが店で食べる良さもあるので店で食べたいがなんとなく行きにくいのが焼き肉。

    ・神奈川県藤沢市江の島の江の島丼
    なんだかまんじゅうの方が美味しそう笑
    なにしろ、
    海鮮は苦手じゃ。。。

    ・東京都杉並区西荻窪のおまかせ定食
    自然食。。。
    確かに苦手なんですが、
    東池袋のそんなお店に明後日当たり行く予定。
    良い事ありますように!
    と、
    たいてい量は少なめなんですよねぇ。。。

    ・東京都練馬区石神井公園のカレー丼とおでん
    これは行ってみたいやつ!
    でも、
    実在してるのこのお店?
    で、
    寝ちゃいそう。。。

    ・東京都板橋区大山のハンバーグ・ランチ
    なんだか、
    マスターキートンみたい笑
    このくらいなら気にしない僕です。

    ・東京都渋谷区神宮球場のウィンナーカレー
    暑いの嫌じゃぁー。
    完璧に日焼けですよね。
    自分をこんがり焼いてどうする!

    ・東京都中央区銀座のハヤシライス(消滅)とビーフステーキ
    その土地土地の味ってありますよねぇ。。。
    つか、
    いきなりステーキ行きたい笑

    ・東京都内某所の深夜のコンビニ・フーズ
    1892円におでん3つだと単純に2200円くらいか。
    コンビニご飯で2000円は高いな!
    弁当や、
    オリジンとかに行ってしまう。

    ・東京都豊島区池袋のデパート屋上のさぬきうどん
    ビアガーデンになった時しか行ったことないや!
    こんど、
    昼にでも行ってみるか!
    さぬきうどんあったかな?

    ・東京都千代田区秋葉原のカツサンド
    万世か!
    食べたことあるわ!
    確かに美味い!

    ・東京都渋谷区百軒店の大盛り焼きそばと餃子
    つか、
    餃子があるのにライスがないなんて!
    ありえない!
    餃子には白飯やろが!

  • ただ食べてるだけー。レトロ感はある。そんなにめしてろではない。前半主人公のたち位置が掴めない。なんだか浮いてる痛いやつ。後半気にならなくなるけど。
    いまだと成功者っぽいけどこの時代はそうでもないのかな?じゃっかんの惨めさみたいなものを感じる。これが昔の妻帯してない負け組の認識なのかなあー、もっと楽しめばいいのにと思っちゃう。

全252件中 1 - 25件を表示

孤独のグルメ (扶桑社文庫)に関連するまとめ

孤独のグルメ (扶桑社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

孤独のグルメ (扶桑社文庫)の作品紹介

主人公・井之頭五郎は、食べる。それも、よくある街角の定食屋やラーメン屋で、ひたすら食べる。時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、彼はつかの間自分勝手になり、「自由」になる。孤独のグルメ-。それは、誰にも邪魔されず、気を使わずものを食べるという孤高の行為だ。そして、この行為こそが現代人に平等に与えられた、最高の「癒し」といえるのである。

ツイートする