さらば、カタロニア戦線〈上〉 (扶桑社ミステリー)

  • 59人登録
  • 3.26評価
    • (3)
    • (5)
    • (15)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Stephen Hunter  冬川 亘 
  • 扶桑社 (2000年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594030018

さらば、カタロニア戦線〈上〉 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初期の作品でよく調べてるなぁと思う。
    主人公がスパイ然としてないのが新鮮。

  • 誤植多すぎです
    いや,誤植っていうか変換ミスですか?

    ロシア後 … ロシア語
    理想主義敵 …理想主義的
    全身 … 前進

    いや,意味全然違ってくるでしょ

  • スペイン内戦を舞台に詩人でもあるイギリス人兵士と彼をソ連のスパイと疑う母国から監視を命じられて派遣された元学友。
    元学友の屈折した心情、左派と右派の混乱した闘いが入り混じって話が展開する。
    当時のスペインの内情をある程度知っておかないと楽しめない本かも。

  • ハンター初期の作品。荒削りな雰囲気だったが、結構楽しめた。ボブザネイラー初登場?

全6件中 1 - 6件を表示

さらば、カタロニア戦線〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

さらば、カタロニア戦線〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さらば、カタロニア戦線〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

さらば、カタロニア戦線〈上〉 (扶桑社ミステリー)の作品紹介

1936年秋、スペイン-英国の詩人ジュリアン・レインズは共和国軍に身を置き、ファシスト反乱軍と戦っていた。そのレインズが、ケンブリッジ大学時代に洗脳された、ソ連のスパイではないかとの疑惑に、英国情報部MI6はレインズの旧友ロバート・フローリーを派遣する。いやおうなく戦闘の最前線に投げ出されたフローリーの前途に立ちふさがるドイツの義勇兵、ソ連軍情報部の狡知な罠。そして、戦乱の地に展開する、英ソの暗闘。スティーヴン・ハンターの名を日本の読者に知らしめた巨匠若き日の傑作、ここに復活。

さらば、カタロニア戦線〈上〉 (扶桑社ミステリー)はこんな本です

さらば、カタロニア戦線〈上〉 (扶桑社ミステリー)のKindle版

ツイートする