愛きらめく渚―シーサイド・トリロジー〈2〉 (扶桑社ロマンス)

  • 26人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Nora Roberts  竹生 淑子 
  • 扶桑社 (2001年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (452ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594031039

愛きらめく渚―シーサイド・トリロジー〈2〉 (扶桑社ロマンス)の感想・レビュー・書評

  • <シーサイド・トリロジー>シリーズ2
    イーサンは蟹漁を営みながら、クイン兄弟全員で力を合わせながら造船業をしている。
    他のクイン兄弟と同じように、イーサンもまた幼少期に受けた親からの虐待の傷を抱えていた。



    二回目に読む。
    三兄弟の中ではイーサンが一番寡黙で、真面目で忍耐強く心惹かれてた。
    シリーズ1のキャメロンの時から気に入ってたので、グレースとどんな風にうまくいくのか楽しみにしてたんだよねー。
    ノーラ・ロバーツの家族愛ものには、毎回泣かされる。
    子供との接し方が本当に上手いと思う。
    というか、コミュニケーション能力が作者自身が高いんだと思う。
    子供の癇癪を爆発させるセスに、辛抱強く向きあおうとするイーサンとのやり取りは、素晴らしいね。
    イーサンと、亡くなった養父のレイとの会話もホロリとくるんだよ~。

    しばらく経ったらまた読み返したい本。
    ☆4つ。

  • セスの気持ちがかなり和んできているのが素晴らしい。

  • 〈シーサイド・トリロジー 2〉奥手だがヒロインにはとても優しいヒーローだ。彼が子供時代に負った深い傷は心身ともに酷いものだ。読んでて言葉もでないほどの怒りを感じる。3兄弟と少年がとても自然に家族のカタチを作り上げていく中で 少年の無能で恥知らずな母親の醜さが際立つ。本当に悪魔のような人間だ。

  • シーサイド・トリロジー1のキャメロンとアンナのお話が強烈に面白かったせいか、静かな物語展開に少々物足りなさが。でも、どんなお話にも家族愛の大切さを感じさせるノーラ・ロバーツなだけあって、シリーズ第3弾今から楽しみです。つらい過去があったとはいえ…イーサン煮え切れなすぎ。相変わらずセスがいい味出してます。

  • クイン三兄弟のうちイーサンは、漁師の道を選んだ寡黙な海の男だが、少年のころ母親から受けた虐待による心の傷を今もかかえている。パブのウェイトレスとして働くグレースに昔から強く惹かれているものの、自分の気持ちを素直に打ち明けることができない。一方グレースもイーサンを愛しているが、彼が友人以上の関係になろうとしないため、なかば諦めている。だが、ある晩パブの客に襲われそうになった彼女をイーサンが助けたことから、抑えていた激情が解き放たれた

全5件中 1 - 5件を表示

愛きらめく渚―シーサイド・トリロジー〈2〉 (扶桑社ロマンス)はこんな本です

ツイートする