わたしはスポック (扶桑社ノンフィクション)

  • 25人登録
  • 3.71評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Leonard Nimoy  富永 和子 
  • 扶桑社 (2001年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (467ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594031237

わたしはスポック (扶桑社ノンフィクション)の感想・レビュー・書評

  • 「私はスポック」
    映画「スター・トレック BEYOND」劇中、オリジナルシリーズでスポックを演じたレナード・ニモイが亡くなったことを映画の中ではスポック大使が亡くなったとして描き、弔意と敬意を表していた。それがきっかけで、そういえば本書が出版されていたことを思い出しネットで探し中古を購入した。
    もちろん、スポックことレナード・ニモイの自伝である。
    レナード・ニモイが役者となり生活のためにどんな端役でも引き受けていた頃から、テレビシリーズのスター・トレックのスポック役を演じ有名になり、監督、脚本、プロデューサーとなって映画スター・トレックⅥでスポック役を終えるまでの話が書かれている。
    テレビシリーズ時代の裏話や映画作成までの経緯、映画作品ではどんなことを描きたかったかをはじめ、スター・トレック以外の作品や芝居で考え感じたことが綴られている。
    監督までするだけあって映画に関してしっかりとした考えを持っており、物語を推進するために必要のない人物は削るという姿勢は立派だと思った。それは、映画のテーマは何であり何を訴えたいかあるいは描きたいかという思いであり、演ずるだけの役者とはひと味違う俳優であることがわかる。
    また、スポックという役を非常に大事にしていて最後は自分の分身だと考えている。そして、それぞれの映画で役の上で演じるスポックがどういう心理状態だったかを深く考えている。それらはすべて映画には動きとして出ているようだが、そこまではなかなか気がつかない。
    映画のスター・トレックⅣはレナード・ニモイが監督しているが鯨を助ける話だった。当時日本の捕鯨がアメリカでやり玉に挙がっていたため、なんだ鯨かよと思ってがっかりした覚えがあるが、本書で描きたかったことがわかり納得した。
    この本がきっかけでもう一度スター・トレックが見たくなりスター・トレック・オリジナルシリーズ、ネクスト・ジェネレーションズ、それと映画Ⅰ~Ⅹ、ディープスペース9、ボイジャー、エンタープライズまでシリーズ物をすべて買ってしまった。毎日一つづつ見てもどう考えても1年以上かかる。どうやって見ようか。

  • 「スパイ大作戦」に出演?「スリーメン&ベイビー」の監督?
    いや、レナード・ニモイといやあの、ミスタースポックなのだ。
    決して、ドクタースポックではない。
    関係者の語るST裏側は、トレッキーでなくとも興味深い。
    もちろん、トレッキーですけども。

全2件中 1 - 2件を表示

わたしはスポック (扶桑社ノンフィクション)に関連する談話室の質問

わたしはスポック (扶桑社ノンフィクション)の作品紹介

"スター・トレック=宇宙大作戦"のミスター・スポック役でおなじみ、俳優で、映画監督でもあるレナード・ニモイが綴った自叙伝、ついに登場!オリジナルTVシリーズの舞台裏から、はじめての監督を経験した映画版を経て、新シリーズへの出演まで、"スター・トレック"の歴史とともに、みずからの半生を語る。ニモイ自身とスポックとの対話を随所にはさみながら、エピソード満載で贈るファン待望の1冊。貴重な未公開写真もふくめ、計48ページのアルバムを付す。

わたしはスポック (扶桑社ノンフィクション)はこんな本です

わたしはスポック (扶桑社ノンフィクション)のカセット

わたしはスポック (扶桑社ノンフィクション)のハードカバー

わたしはスポック (扶桑社ノンフィクション)のカセット

ツイートする