土壇場で賢く男をえらぶには―キャサリン・ケーシーの場合

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Marian Keyes  部谷 真奈実 
  • 扶桑社 (2002年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (401ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594033996

土壇場で賢く男をえらぶには―キャサリン・ケーシーの場合の感想・レビュー・書評

  • タイトルがモロ過ぎて赤面しますな。
    まあでもよくある三十路過ぎた女子達がワイワイやる、そんな作品。

    こう言った作品のセオリーですが、主人公は三十路、彼氏無し、自立して、仕事ができる、潔癖。

    親友が男女一人ずつ。
    ダメンズに振り回されてる女性と、ラブラブな恋人がいるゲイの男性。

    いや、本当にびっくりするくらいよく見る三人組なんですけどね!

    最初はそう言った作品となんら変わらないちょっと下品なくらいのコメディ。その気楽さに惹かれて借りたんですが。

    しかし途中からちょっとディープな展開もあり。涙するシーンもあったりして。

    嫌になるくらい共感してしまう部分も沢山。やっぱり国は違えど根っこは同じなのかなあ、なんて。

    主人公たちも充分濃いんですが、脇を固める面々のまあ濃いこと!

    まずやっぱりこう言う親友、イイな、って思いました。女は三十からだ!もっと人生楽しまないと損だな。それはわかってる!

全1件中 1 - 1件を表示

土壇場で賢く男をえらぶには―キャサリン・ケーシーの場合を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

土壇場で賢く男をえらぶには―キャサリン・ケーシーの場合はこんな本です

ツイートする