一番いいのはサラリーマン (扶桑社文庫)

  • 12人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 堀紘一
  • 扶桑社 (2002年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594034375

一番いいのはサラリーマン (扶桑社文庫)の感想・レビュー・書評

  • この人の他の著書を読んだ後だとブラックジョークとしか思えない一冊なのだが、40代以降の大企業に勤務する特にスキルもないサラリーマンに向けての揶揄を込めた一冊と考えればまぁ腹落ちしないこともない。ということで自分にとってはこれではいけないなぁと思い知らされる反面教師的な内容なわけです。世の中そんなに甘いわけがないってことで。

  •  日頃目にしているこのサラリーマンの日常も、うまく捉えて、表現すれば、こんなすばらしい書ができるという見本のような本だ。

     目の前の事実をよく見よう、という気にさせてくれる本だ。

全3件中 1 - 3件を表示

一番いいのはサラリーマン (扶桑社文庫)はこんな本です

ツイートする